9湯目【広島】高尾の湯 篠原旅館



朝5時に道の駅「風の家」を出発し、大山寺・大神山神社に参拝してから、R181〜R180〜R183という経路で広島方面に向かいました。
本日の最初の温泉は、比婆道後帝釈国定公園にある「高尾の湯」です。

昨年、この近くの「宮の奥湯」に寄った際、気になっていた温泉です。
国道314号線沿いにあり、小さな看板が出ています。だたし、看板まで行くと行き過ぎます。実際には、看板の20m程手前の坂道を降りて下さい。

空き地に一軒の民家が建っています。
玄関を入り、声を掛けても誰も出てきません。仕方なく、奥の方まで探しに行ったのですが、どうも留守のようでした。
再訪する旨のメモを残し帰ろうとした所、白色の軽自動車が。温和な年配の女性が降りてこられ、この女性が女将さんでした。



案内看板
脱衣場


入浴料金400円を渡し、地階のお風呂場に向かいます。
脱衣場は2〜3人が着替えられる程度のスペースに100円返却式ロッカーが備えられています。
最近、改装したような感じできれいでした。

浴室には、小さな浴槽(1.5×1.5m)が一つあるのみ。
温めのお湯が半分ぐらい溜り、蛇口から温泉が注がれ、ボイラーで沸かしている最中でした。

お湯の感じですが、特に特徴はありません。無色透明で無味無臭。
しかし、蛇口の下には灰色の析出物が見られます。



湯船
湯口


私としては温めのお湯でも良かったのですが、せっかく沸かしてくれたので、温かくなるまで30分ぐらい入りました。
入浴後、女将さんに成分の事を聞いたのですが、詳しい事は解らないようでした。
温泉分析表も業者に渡しているので、今はないとの事。

気さくな女将さんで、温泉でコーヒーを入れるから、休憩室で休んでいってと勧められました。
玄関を入ってすぐの4畳半の和室が休憩室になっていて、窓からは小川も眺められ、良い気分転換になります。
壁には、草津節の替え歌が10番まで書かれ張ってありました。
「しのはら良いとこ一度はおいで、・・・ちょいなちょいな〜」
この歌は女将さんが作詞されたそうで、この宿周辺の春夏秋冬を良く表わしています。



休憩室
女湯


この後、コーヒーを戴きながら女将さんにお話を伺いました。
この温泉は、この宿が建てられた50年以前から自噴していたとの事。
最近は、この温泉を使った食料品を作らないかとか、設備投資するのでお湯を使わせてほしいとか、色んな業者がやってくるそうです。
女将さんは、今からそこまでやるつもりはないようですが。

泉源はこの近くにあり、タンク2つに溜め、お風呂用と飲料用(有料)に使っているそうです。

最初は温泉関連の話だったのですが、その内振り込め詐欺や仕事・自分の子供の話など世間話に。
結局、2時間程おじゃまする事になってしまいました。(^^;

詳細は以下の通りです。

温泉名:高尾の湯
施設名:篠原旅館
所在地:広島県庄原市西城町高尾16
交通  :JR芸備線備後落合駅から約1.5キロ
照会先:0824・84・2140

(他のHP・文献から調べた所、泉質等は以下の通りでした)
泉質  :アルカリ・ラドン泉
       ラドン(Rn)含有量 6.15×10-10キュリー/kg
    成分総計:45.4mg  
泉温 :19.6℃
湧出量:不明
pH :11.2

このpHが11.2もあるとは驚きました。湯船のお湯には、つるつる感はありませんでした。
蛇口の源泉の方も、特に感じなかったのですが。再訪して確認しないと。(^^;
また、全ての成分が解からないので、どの成分が温泉法の基準を満たしているのか不明です。

駐車場:あり(10台程)
その他:昨年まで素泊まりを受け付けていましたが、今年から休憩(有料)のみとなりました。
(自宅は別にあり、緊急時の対応ができないため)

日帰り入浴時間:9:00〜19:00 毎月第3水曜日休み
入浴料金:400円

HOME8湯目【岡山】下湯原温泉 ひまわり館10湯目【広島】びばごん郷温泉 すずらんの湯