4湯目【兵庫】円山川温泉



この温泉は、前々から入りたかった温泉の一つです。
昨日寄れれば良かったんですが、昨日は定休日。
行程から考えると、一度戻る事になりますが、どうしても入りたい温泉です。

七釜からは、海岸線を城崎方面に向かいます。
円山川温泉は、城崎温泉の北側2キロ程の所にありました。
道路沿いにあり、大きな看板もあったので、すぐに解かりました。



看板
外観


到着したのが、10時45分。10時からと思っていたのですが、11時からでした。
受付の男性に伺った所、準備できているから入っても良いとの事。

早速、お風呂場へ。脱衣場は広めでゆったりしています。(100円返却式のロッカーです)
浴室は、右手に正方形の湯船(4.5×4m)があり、左手が洗い場(カランは12)になっています。



脱衣場
湯船


湯船の右奥には湯口がありお湯が注がれています。
ここまではありがちなお風呂と思っていたのですが、入ってみて驚きました。
薄く緑色に濁った温泉は、かなりの塩辛さを感じ、湯口のお湯を舐めてみますと、これが源泉そのままである事が実感できます。
弱塩味・弱苦味・微硫黄臭がしました。



湯口
洗い場


この後は、露天風呂に移動しましたが、こちらは内湯よりも白濁しており見ていても楽しくなります。
内湯・露天風呂共に湯縁からはお湯が溢れており、その部分は赤茶色に変色しています。

約1時間程、他に訪れる人もなく、貸し切り状態でじっくりと入らせて貰いました。



露天風呂
良い色に染まっています




露天前の石垣
休憩スペース


入浴後は、受付の男性にお話を伺いました。
ここのオーナーが6年前にプライベートで建てた施設で、採算度外視でやっているそうで宣伝は全くやっていないとの事。
インターネットなどの個人のサイトで紹介され、九州や関東方面からも来られるという事でした。
また、地元の人からは有名になって混むようになっても困るので宣伝してほしくないと言われているそうです。

内湯は丁度良いお湯加減ですが、露天風呂の方は温めです。冬場は寒いそうです。
それでも、源泉掛け流しをやめる予定は全くないとの事。やめると、ここの良さがなくなってしまうと言われていました。
これからも今のままでやっていってほしいものです。

受付のおじさんには、分析表を見せて貰ったり、写真を撮らせて貰ったりとお世話になりました。
ありがとうございました。



休憩場
受付


この後は、城崎経由で七釜温泉まで戻り、国道9号線で岩井温泉に向かいました。
岩井屋さんに入るためだったのですが、あいにく当日は温泉街で何かの工事が行なわれており、昼間は各旅館への温泉の供給が止まるとの事。
温くて良いのでしたらとの話ですが、初入浴ですし完全な状態で入りたいと思ったので、今回は諦める事にしました。

岩井屋は駄目でしたが、時間に少し余裕ができたので、営業時間に間にあえば、あの温泉に入ろうと思います。
R53〜県道〜R179で岡山に入ります。

詳細は以下の通りです。

温泉名:円山川温泉
施設名:円山川温泉
所在地:兵庫県豊岡市小島991
交通  :JR山陰本線城崎温泉駅より徒歩約20分
照会先:0796・28・3045
泉質  :カルシウム・ナトリウム−塩化物泉
    泉水1kgで Na:2470mg,Ca:3120mg,Cl:9460mg
成分総計:16100mg/kg
泉温 :43.1℃(温泉分析表には、41.1℃で記載されていました)
湧出量:512リットル/分
pH :7.52
駐車場:あり(約10台)
その他:ペットボトルでの温泉の持ち帰りも可能のようです。
また、休憩室のマッサージ機は無料で利用できます。
日帰り入浴時間:11:00〜22:30 毎週火曜日休み
入浴料金:500円

HOME3湯目【兵庫】七釜温泉 ときわ旅館5湯目【岡山】奥津温泉 東和楼