1湯目【兵庫】村岡温泉



神戸を朝10時に発ち、初日の宿泊地である七釜温泉に向かいます。
今回もゆっくりぶらぶらと一般道で向かいます。

神戸から福知山までは国道176号線で、福知山から七釜温泉までは国道9号線を利用します。
七釜温泉までに良さそうな所1〜2ヵ所に寄ろうと思います。

福知山まではそんなに温泉施設はないのですが、ここから七釜温泉までの9号線沿いにはたくさんの温泉施設があります。
5〜10分走る毎に温泉の看板が出ています。
名前をあげると、夜久野高原温泉ほっこり館、但馬楽座やぶ温泉、とがやま温泉天女の湯、間宮温泉万灯の湯、などなど。
これらは9号線沿いにあるか、そんなに離れていない温泉施設です。それぞれの施設の写真撮影、館内の様子など確かめたのですが、どうも立派すぎて私的にはもう一つです。



夜久野高原温泉ほっこり館
但馬楽座やぶ温泉




とがやま温泉天女の湯
間宮温泉万灯の湯


そうこうしている内に村岡へ。ここには村岡温泉があるのですが、控え目な看板の出し方、外観は町営の温泉施設の様でこじんまりとした感じで良さそうです。
雑誌「温泉博士」の無料入浴手形もあり、第一湯目は村岡温泉に決めました。



外観
脱衣場


玄関を入ると、右手に券売機があります。
おじさんが機械の中を覗いていて、どうも調整しているご様子。
私の方は、受付にいるおばさんに雑誌を見せて、入浴のお願いをしていますと、すかさずおじさんがやってきて、「スタンプ押してやって」
という事ですんなりとOK。この雑誌も知れ渡ってきたのかなと思った次第です。

さて、お風呂場に向かいますと、思った通り、先客はおりません。
脱衣場は思ったよりも広めです。脱衣箱は少なめで、休憩スペースには椅子が置かれています。

浴室は、すっきりしたレイアウトで、右手に4×3mの湯船、左手が洗い場になっています。
そして、前面はガラス張りになっています。



浴室
湯口


湯船には、手前の湯口からお湯が注がれていました。
そして、湯縁からはお湯も溢れています。これは思っていたよりも良さそうです。

お湯は丁度良いお湯加減で、なめらかな感じです。少し白濁したお湯で、無味無臭です。
吸入口もなくカルキ臭もありません。湯量も多いようですし、おそらく加熱掛け流しのように思います。
(休憩室の掲示板には、浴槽内が41.5℃に保たれるように熱交換器を使用し加温している旨、説明書きがありました)
この説明書きは、ちょっと気になりますが。



脱衣場内の休憩スペース
飲泉できます


この辺りの事をおじさんに聞こうと思ったのですが、おじさんはうたた寝状態だったので、そのまま出ました。(^^;
(後日、友人がこの事をおじさんに確認してくれました。一部は湯温調整のために循環しているそうです)

玄関を入って左手にも小さな畳敷きの休憩所があります。
また、玄関先には、飲泉できるような場所もありました。こちらの温泉は無色透明無味無臭でした。

詳細は以下の通りです。

温泉名:村岡温泉
施設名:村岡温泉
所在地:兵庫県美方郡香美町村岡区鹿田51
交通  :JR山陰本線八鹿駅から全但バス秋岡・湯村行きで50分、鹿田バス停下車すぐ
車の場合、中国自動車道(福崎IC)〜播但連絡道路(和田山IC)〜R312〜R9
照会先:0796・98・1512
泉質  :単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
    泉水1kgで Na:197mg,Cl:170mg,SO4:148mg
    成分総計:648mg  
泉温 :41.6℃
湧出量:250リットル/分
pH :8.14
駐車場:あり(第1・第2合わせて50台)
その他:カラン10、石鹸あり、ドライヤーあり
道中の「道の駅農匠の郷やくの」で、黒豆ソフト(260円)を戴いたのですが、甘さ控えめで美味でした。
営業時間:9:00〜21:00 年中無休
入浴料金:500円

HOME2湯目【兵庫】七釜温泉 公衆浴場