8湯目【石川】美川温泉 元湯ほんだ



小松から金沢に戻る途中、美川で途中下車する事にしました。
遅い時間ですが、ここは駅から近くにあるという事で立寄る事にしました。

美川駅からは徒歩15分程で、すぐに解りました。駅舎を出て、線路沿いの道を右手に進みます。すぐにある踏み切りを渡り、なおも道なりに真っ直ぐ行くと交差点がありその角にありました。
交差点手前に看板もあったので、夜でも迷いませんでした。

建物前の駐車場には5〜6台の車が止まっていました。一見、街の温泉施設風の建物です。

   

建物入口



玄関口に受付がありますが、入浴料金はお風呂場の番台で払う様になっています。受付のおじさんは無愛想で、テレビに釘付けです。(^^;

脱衣場はガランとしていました。先客は3人で、地元の人とは思いますが年齢が比較的若かったのが意外でした。

浴室は、手前に円形のジャグジー、左手が洗い場、正面に3つの湯船が並んでいます。
まずは、円形のジャグジーから入ります。

ジャグジーと思っていましたが、これは人間洗濯機の様な代物でした。すごい勢いでお湯がぐるぐる回っています。椅子があり座れる様になっていますが、手すりに捕まらないと流されそうです。
お湯は、つるつるっとした感触で紅茶色で、適温でした。
それにしてもこれはユニークでした。(^^;

次に、右手にある湯船に入りました。湯口からお湯も注がれています。3〜4人が入れる湯船で、ここには先客も入られていました。
お湯はジャグジーと同じで適温のつるつるっとした感じの滑らかな感触です。
この隣りに超音波風呂があるのですが、こちらの倍程の大きさです。湯船の大きさや位置からこちらがメインの様ですが、なぜこちらをメインにしているのか不思議です。
全く誰も入ろうとしませんでした。

最後に一番左手の一人用の湯船に入ります。こちらは湯船も浅くやや温めです。湯口からはお湯が注がれており、オーバーフローもあります。こちらが源泉風呂でしょうか。
お湯の感触は同じものでした。

詳細は以下の通りです。

温泉名:美川温泉
施設名:美川温泉 元湯ほんだ
所在地:石川県石川郡美川町長屋町イ111
交通 :JR美川駅より徒歩約15分 
照会先:076・278・3434
泉質 :ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
泉温 :38℃
湧出量:200リットル/分
駐車場:あり
入浴時間:10:00〜22:00 毎週水曜日休み
入浴料金:350円

この後、金沢に戻り、有松温泉を目指しますが、帰りのバスがない事が判明し入らずに戻りました。
そういう事で、この美川温泉がこの旅最後の温泉紹介となりました。

実質2日間で8湯しか周れなかったのですが、公共の交通機関利用では仕方ないかなと思います。

ここまで、読んで頂いた皆様、ありがとうございました。

HOME7湯目【石川】 今江温泉元湯