7湯目【石川】今江温泉元湯



今江温泉へは、JR小松駅からバスで行く事ができます。
当日は、待ち時間が30分程ありましたので、歩いて行く事にしました。

小松に来るのは7年ぶりです。駅前の立派さに比べて、商店街は寂れており週末の夕方とは思えないほど活気がありません。
当時もそれ程活気があったとは言えないですが、寂しいですね。そんな中、当時泊まった小松グランドホテルは異様に華やかに見えました。

商店街を抜け、通りをひたすらまっすぐ進みます。思ったよりも距離がありました。結局40分ぐらいかかりました。
場所は、今江停留所前です。外観は銭湯そのものですが、今江温泉元湯という看板が温泉である事を示しています。

   
   
建物外観
建物入口


番台で入浴料350円を払います。脱衣場は、年季が入っています。木製の脱衣箱に古びた何枚かの額、そして昔のゲーム機が置かれています。
スペースランナーにアニマル、10円で遊べるルーレットゲームにスロットマシンです。

お客さんは地元の年配の方達で、銭湯に来ているといった感じです。浴室は、左手に洗い場があり、右手に2つと奥の方に湯船があります。
奥の湯船は超音波風呂になっていたのでパス。(^^; 超音波風呂と電気風呂は違うのでしょうか?

右手の普通の湯船(2×2m程)に浸かります。一見普通の湯船に思えましたが、パイプからお湯が注がれていました。少し舐めると、生温くやや塩辛い食塩泉でした。
タイル張りの湯船は、吸込み口もなく掛け流しの様です。この隣りは、ジャグジー(2×2m程)ですが、こちらにも蛇口からお湯が注がれています。
こちらにはコップが置かれていたので、少し頂きました。まあまあ飲みやすい食塩泉です。

この時気が付いたのですが、小さなサウナもありました。2〜3人ぐらいが入られる大きさです。
この時中を覗いていると、近くのおじさんが、「ただだよ〜。入れば〜」と勧めてくれます。
「いや〜、あんまりサウナは好きではないので」と言いますと、「入れば良いのに〜」と尚も勧めてくれます。

そして、突然、このおじさんは、「明日から週休2日、久しぶり〜」と、にや〜と笑いかけて来ます。
独特の雰囲気を持ったおじさんでした。

入浴後は、牛乳を飲みながら一休みしました。さて、これからどうするか。時刻は19時前です。本当は、うさみ温泉に行こうと思っていましたが、これからうさみ温泉を探している時間はなさそうです。
とりあえず、小松駅に戻る事にしました。金沢方面の列車の確認もしていないし。横で新聞を読んでいる先程のおじさんに声を掛け出ました。

バス停の時刻表を見ると、後15分程でバスが来る時間です。バス停で待っていると、先程のおじさんが何か叫んでいます。玄関前まで戻って少し話をしました。このおしさんは地元の方で、家とは逆方向だけど駅まで送ってくれるという事です。
ここまで言われて断るのも悪いので送って貰う事にしました。お陰で、金沢方面行きの1本前の列車に乗る事ができました。「ありがとうございました。ゆっくり休んで下さい。」って別れました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:今江温泉
施設名:今江温泉元湯
所在地:石川県小松市今江町7丁目206
交通 :JR小松駅より バスで約10分 今江温泉下車
照会先:0761・21・4126
泉質 :ナトリウム−塩化物泉
泉温 :50.5℃
湧出量:392リットル/分
駐車場:あり
その他:サウナあり
入浴時間:9:00〜23:00 毎月16日休み
入浴料金:350円

HOME6湯目【石川】 金城温泉8湯目【石川】 美川温泉 元湯ほんだ