6湯目【石川】金城温泉



この温泉は前回(昨年)入られなかった温泉で、今回は是非入りたいと思っていました。

金城温泉へは、JR金沢駅から済世会病院行きバスで行く事ができます。終点の済世会病院で降りて、徒歩5分程です。
路線は2通りあります。駅西から出ている示野周りだと20分程の乗車でバス料金も310円。もう一つは、駅東(こちらの便数の方が多い)から出ている西部緑地公園周りで乗車時間は40分程でバス料金は360円になります。

金城温泉は診療所の様な建物の1階部分にありました。
1階フロアは雑然としており活気がありません。営業前かなと思い受付のおばさんに聞いてみた所、営業中という事でした。
入浴券(350円)を購入、おばさんに渡し、暖簾をくぐります。

脱衣場はがらんとしています。浴室を見ますと、3人程先客がいました。
浴室は、正面にメインの浴槽があり、左手と正面奥が洗い場、右手奥にジャグジー、左手奥に打たせ湯というレイアウトです。
メインの浴槽に先客が入られていたので、まずはジャグジーに入ります。お湯の色は紅茶色で、予想通りつるつるします。

次に打たせ湯を確認します。無色透明でしたので温泉ではないのかも知れません。ふと前を見ると階段があります。
上っていくと、小さな露天風呂がありました。これが、何とも簡素な造り(半露天)で、気に入りました。5人程入れる湯船には、豪快にお湯が注がれています。
オーバーフローしていますが、飲泉不可になっていたので加熱循環と思われます。

   
   
建物入口
露天風呂


湯温を測った所、湯口付近で45.1℃、湯船中央で43.0℃でした。つるつる度は湯口付近の方があるのですが、1階のジャグジーよりは少ない感じです。
湯船からは雪化粧した広大な風景が眺められました。それから、何よりも美しいと思ったのはお湯の色です。太陽の光で、ワインレッドに輝いています。

   
   
露天風呂の湯口
露天風呂の目隠し


しばらく入った後、最後にメインの浴槽に入りました。ここは、オーバーフローも少ないし、あまり期待していなかったのですが、大きな間違いでした。
入った瞬間から凄い感動を覚えました。予想もしていなかったつるつる感を覚え、良く見ると身体全体に細かな気泡が付着しているではないですか。
お湯自体のつるつる感とこの気泡によるつるつる感が重なり、何とも言えない感触です。湯船中央からお湯が注がれており、この周辺でのみ感じる事ができました。

また、湯温が温めで長湯には最適です。時間を忘れてのんびりと入らせて貰いました。
最後に右手奥にある飲泉所で温泉を戴きます。後味がやや甘めのモール泉を味わう事ができました。

ここには、また是非来たいと思います。

詳細は以下の通りです。

温泉名:金城温泉
施設名:金城温泉元湯
所在地:石川県金沢市赤土ト100−2
交通 :JR金沢駅より 北陸鉄道バス 済世会病院行きバスで約20〜40分 済世会病院下車徒歩5分
照会先:076・268・2601
泉質 :ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
泉温 :38℃
湧出量:不明
駐車場:あり
その他:サウナは有料
入浴時間:10:00〜23:00(日曜は7時から) 毎週火曜日休み
入浴料金:350円

HOME5湯目【富山】 神通峡稲取温泉 楽今日館7湯目【石川】 今江温泉元湯