3湯目【富山】城南天然温泉



この温泉も前回(昨年)入られなかった温泉です。つるつる系の温泉という事で楽しみにしていました。
国道41号線沿いにあるという事ですから、JR富山駅からは市民病院方面のバスに乗り込みます。

おおよその場所は解るのですが、どこで降りたらよいのやら。注意深く車内アナウンスを聞きながら、窓の外をキョロキョロします。運賃表示盤を見ながらバス停毎に増えていく運賃のお金の準備もしなくてはならないし、結構大変です。(^^;
もうそろそろかと思った所で、城南温泉の看板が。何とか直近のバス停(太郎丸口)で降りる事ができました。少し引き返し、太郎丸交差点で地下道へ。地上に出て、どの辺りかなと探そうと思っていると、何と目の前に城南温泉がありました。
あまりにもあっけなく着いてしまったので、まだ心の準備が・・・。(^^;
マンションの一階が男湯で二階が女湯になっています。入口は、小さな診療所の受付の様な感じです。

   
   
マンションの入口部分
男湯玄関


脱衣場は「に」型にロッカーが置かれ、奥が休憩所になっており、長椅子とテレビが置かれています。
浴室は、右手にメインの浴槽があり、正面が洗い場、左手が扇形のジャグジー、その手前に樽風呂となっています。

まずは、メインの浴槽から入ります。薄茶色のお湯で深めでした。ゆっくり入ったつもりでしたが、湯船の底がヌルヌルしており滑りかけました。ここは要注意です。ふと前を見ると、注意書きが。(^^;
2×5m程の湯船で、左手からはお湯が注がれています。お湯は適温(湯口付近で41.3℃)で、ツルツルします。湯面には、湯垢の様な湯の華が浮かんでいます。

次は扇形のジャグジーです。こちらもお湯の感じは同じで、オーバーフローもあります。半循環でしょうか。

最後は気になっていた一人用の樽風呂です。樽にカランからお湯が流れっぱなしになっているのですが、お湯は無味無臭でツルツル感もあまりありません。はたして温泉でしょうか。湯温は40.5℃でした。
お湯の感じは、昨年入った金沢の兼六温泉や金石温泉と同じものですが、お気に入り度としては、兼六>金石>城南という順です。

この後は、今回の宿泊地(雪見露天の入れそうな所)に向かいます。

詳細は以下の通りです。

温泉名:城南天然温泉
施設名:城南天然温泉
所在地:富山県富山市太郎丸1107
交通 :JR富山駅前より市民病院方面バス「太郎丸口」下車すぐ
照会先:076・491・3001
泉質 :アルカリ性単純泉
泉温 :42.7℃
湧出量:620リットル/分
駐車場:あり
その他:シャンプー・ボディーソープなし。ドライヤー有料。きときと市場&寿司店が近くにあります。
営業時間:11:00〜22:30(土・日・祝7時〜)無休
入浴料金:500円

HOME2湯目【富山】 さっさきの湯4湯目【富山】 神通峡春日温泉 ゆーとりあ越中