2湯目【富山】さっさきの湯



岩井戸温泉前からバスに乗り氷見市内方面に向かいます。
さて、どこで降りれば良いのかと資料を探していると、北阿尾という車内アナウンスが。とりあえず、降りる事にしました。これが正解でした。
ここからは、市内方面に200m程行くと農協がありますので、その斜め前の三叉路(阿尾城前交差点)を右折し、ずぅ〜〜と真っ直ぐに行きます。
途中、阿尾交差点で「民宿いけもり」の看板、1km程行き右折する所にも同じ看板があるので難なく行けました。
北阿尾のバス停からは歩いて30分程でしょうか。ちなみに、さっさきの湯は「民宿いけもり」の200m程手前にあります。

   
   
ここを右折します
建物外観


建物は思っていたよりも寂れていません。普通の温泉銭湯の様な感じです。ただ、田園風景の中、こんな所に温泉施設があるとは誰も気が付かないでしょうね。
建物前にはたくさんの軽自動車が停まっています。私が入ろうとしている間にも、5〜6人のご老人が車から降りて来ます。

玄関を入った所にある受付で入浴料350円を払い中に入ります。すごい混みようです。脱衣場に10人程、浴室にも10人程が入られています。
ほとんどが地元のご老人と思われます。とりあえず、右奥にある脱衣スペースで服を脱ぎ浴室へ。

左手に2×4m程の湯船、右手に洗い場(5ヵ所ぐらい)というシンプルなレイアウトです。
挨拶をして湯船に浸かります。少しつるつるっとした熱めのお湯で、先程入った岩井戸温泉と同じ様な感触です。
注がれているお湯を舐めると、生温く少し塩っ辛く感じました。人が多く確認できませんでしたが、加熱されたお湯が湯船の底から出ていると思われます。
掛け流しか循環かは解りませんが、お湯は少し濁っていました。人が多くお湯が汚れているのか、それとも湯の華か解りません。

湯船の縁でしばらく休み、もう一度入ってから上がりました。
バスの時刻の都合で1時間程入ろうと思っていたのですが、人も多かったので30分程で上がりました。そう上手くはいかないものです。
この後、「民宿いけもり」を見学してから来た道を戻りました。

バス停に着いてもまだ時間があったので、近くの阿尾城跡を見に行ったのですが、参道から先は除雪されていなく引き返してきました。
案内板によると、公園や展望台もあり氷見では有名な観光地の一つではないでしょうか。

   
   
阿尾城跡への参道
商店街(潮風通り)


この後は、海鮮館(道の駅)で食事しました。前回も食べた「有磯定食」と地ビール「いきききビール」を注文。ネタが新鮮でうまい!雪の残る氷見漁港を眺めながら、刺し身・天ぷら、そしてかぶす汁を戴きました。
食後は、商店街(潮風通り)をぶらぶらしながら氷見駅に向かいました。漁港寄りには、魚介類や氷見うどんを扱うお土産物屋、駅寄りは各種商店が入っています。

JR氷見駅では待ち時間が15分程でしたので、バスに乗らずそのまま氷見線で高岡経由で富山まで戻りました。

   
   
JR氷見駅
温泉掘削現場


詳細は以下の通りです。

温泉名:氷見有磯温泉
施設名:さっさきの湯
所在地:富山県氷見市指崎2164
交通 :加越能鉄道バス 脇行きバスで「北阿尾」下車 徒歩約30分
照会先:0766・74・4715
泉質 :ナトリウム−塩化物泉
泉温 :47.5℃
駐車場:建物前に20台は停められます。
営業時間:09:00〜21:00 無休
入浴料金:350円

おまけ情報
さっさきの湯手前の県道18号線沿いで温泉を掘削していました。現場のおじさんに聞いたところ、来月ぐらいに出ると言っていました。本当かどうかは解りません。
ただ、掘削許可日が昨年の6月になっていましたので、かなり掘っていると思われます。良い温泉施設が出来れば、この辺りにはまた来たいものです。現場には、平成温泉の石碑も建っていました。

HOME1湯目【富山】 岩井戸温泉 潮の香亭3湯目【富山】 城南天然温泉