北陸・関西



太地温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
和歌山県東牟婁郡太地町
交通
JR紀勢本線太地駅よりバス10分
照会先
07355・9・2323
コメント
16時すぎに白浜温泉を発ち、なんとか18時までに太地町に着くことができ
ました。今日、私が泊る宿は国民宿舎「白鯨」なのですが、鉄筋5階建ての立
派な建物です。

予約の時、厳しく言われていた18時を少しすぎたのですが、鯨のフルコース
を戴けそうです。

お風呂は後回しにして、1階のレストランに向かいました。建物が海岸線に建
っているので、景色もなかなかです。

荒れている海を見ながら、鯨料理を戴きました。
鯨はりはり鍋、ツチ鯨ごま和え、さらし鯨わさび和え、ベーコン辛子風味、コ
ロ辛子味噌、皮・赤身・脂肪の刺し身、内臓のボイルなど。

鯨といえば、小学校の給食で鯨のフライが大好物でした。今回、鯨料理を戴い
て、こんな味だったかなと思いました。高級料理になってしまって、そのよう
な意識があるからでしょうか。

すみません。温泉の話がでてきませんね。

ここのお風呂は、大浴場のみです。脱衣場・浴室とも広く、正面はガラス張り
になっていて、太平洋が眺められます。私は、終了時間前の23時頃に入りに
行ったので、真っ暗でしたが・・・。(^^;)
早朝は日の出が眺められるはずだったのですが、くもり空で見られませんでし
た。

湯船は5m×5mぐらいで、湯量たっぷりという感じです。お湯は、丁度良い
湯加減で、少しつるつるします。カランは8つ、シャンプー・ボディーシャン
プーが置いてあります。ここは、日帰りでも利用できるそうです。

夜寝る前と朝食事前に入りに行きましたが、貸し切り状態でした。

宿泊料金:10000円(鯨フルコースの場合)
料理 :鯨料理
日帰り料金:400円
日帰り時間:16:00〜20:00
泉温 :26℃
湧出量:171リットル/分


HOME地域別温泉情報


那智天然温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町井関
交通
JR紀勢本線那智駅よりバス2分
照会先
07355・2・6426
コメント
今日は、「那智天然温泉」に入りに行きました。入浴時間は13時からなので
、くじら浜公園・那智の滝・熊野那智大社と周ります。

熊野那智大社参拝は、思いのほかタフなコースで汗びっしょりになりました。
もうこうなったら、どんな事があっても温泉です。

13時すぎに入りに行ったのですが、すでに地元のおじいちゃん達が10人程
入られていました。湯船はいっぱいです。仕方なく、露天風呂の方に行きまし
た。こちらには、誰も入っていません。しかし、相当ぬるいお湯です。

湯船に浸かりながら、内湯のおじいちゃん達の話を聞いていたのですが、途中
からうつらうつらしてしまいました。気がつくと、辺りは静かです。内湯の方
に行ってみると、ほとんど出られていました。内湯の方は、露天風呂より少し
高めです。

あがってから時計を見たのですが、1時間程眠ってしまったようです。ぬる湯
だったのですが、さすがに体もほんわかします。

日帰り入浴料金:200円
時間:13:00〜19:00、日曜祝日は11:00〜19:00
7、8月は9:00〜19:00
泉質:単純硫黄泉


HOME地域別温泉情報


湯の峰温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
和歌山県東牟婁郡本宮町湯の峰
交通
JR紀勢本線新宮駅よりバス1時間10分
照会先
07354・2・0012(あづまや)
コメント
湯の峰温泉「あずまや」に泊ってきました。

この日は昼過ぎから雨がポツポツしだしたので、少し早かったのですが4時前
に宿に入りました。

超秘湯の旅としながら、今日は「那智天然温泉」しか入っていないので、湯の
峰温泉を堪能しようと思います。

早速、「あずまや」の大浴場に入りました。
レトロ調の良い雰囲気です。湯気がもわ〜と立ち昇り、蛍光燈の白い明かりが
ぼやけて見えます。湯船に浸かりながら、高い天井を眺めます。静かにお湯が
注がれています。

いや〜、「あずまや」の内湯、良いですね。これだけ落ち着ける内湯は、沢渡
温泉「まるほん旅館」以来です。早めに着いて正解でした。この幻想的な世界
を1時間も堪能できたのですから。

この後、「つぼ湯」に行きましたが、「つぼ湯」の動と「あずまや」の静、対
象的でした。

お風呂は、この他に、むし風呂と露天風呂があります。

旅館名:湯の峰温泉「あずまや」
宿泊料金:18000円
料理 :会席風料理、熊野牛のしゃぶしゃぶ他
日帰り時間:13:00〜15:00
日帰り料金:500円
泉質 :重曹硫化水素泉
泉温 :92℃
湧出量:59リットル/分
コメント:駐車場は、宿手前のあずまや荘前にあります。
また、大浴場は翌朝、男女入れ替わります。


HOME地域別温泉情報


湯の峰温泉(つぼ湯) Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
和歌山県東牟婁郡本宮町湯の峰
交通
JR紀勢本線新宮駅よりバス1時間10分
照会先
07354・2・0735
コメント
湯の峰温泉「あずまや」の内湯を堪能した後、女中さんのお勧めで湯筒で温泉
たまごを作りに出かけました。売店で5個入り200円の生たまごを買い、宿
の前にある湯筒へ。15分ぐらい待つ必要があるという事です。ただし、湯温
が高い為、「温泉たまご」ではなく「茹でたまご」になるそうです。

湯筒で生たまごを沈め、ふと上流を見ると「つぼ湯」の建物が見えます。
「あずまや」の内湯を堪能した後なので、「つぼ湯」は明日にしようと思って
いたのですが、様子を見に出かけました。

小雨が降っていたせいか人通りもなく、もちろん、「つぼ湯」にも誰も入って
いません。中の様子を見て、どうしても入りたくなり、タオルもなしに入って
しまいました。乳白色のお湯で硫黄の匂いがします。湯船というより、岩つぼ
に入っているような感じです。すぐ隣りに流れている川の激流の音を聞きなが
ら、これが「つぼ湯」かと一人納得しました。

夕食後8時頃、雨も上がったので近くをぶらぶらしたのですが、この時には誰
か入られていました。体を洗っていたのか、下の隙間からお尻だけが・・・(^^;)
。皆さん、注意しましょう。

施設名:湯の峰温泉「つぼ湯」
日帰り入浴料金:260円
時間:7:00〜21:30
コメント:湯の峰温泉に来たならば、是非入って下さい。貸し切り湯のような
仕組みですので、女性でも安心して入れます。入る前には、入浴料
金を湯筒近くの公衆浴場受付で払って下さい。(私は入ってから払
いましたが)


HOME地域別温泉情報


湯の口温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
三重県南牟婁郡紀和町湯元
交通
JR紀勢本線新宮駅よりバス1時間20分
照会先
05979・7・1126
コメント
湯の口温泉は、湯の峰温泉から国道311号線〜小舟湯ノ口林道で25キロ程
の所にあります。途中、細い山道が5キロ程ありました。小舟湯ノ口林道に入
ってすぐ、瀞流荘があり、ここからトロッコ列車(1日5往復)ででも行く事
ができます。

湯の峰温泉を9時30分に発ち、熊野本宮大社に参拝し、湯の峰温泉に着いた
のは、10時30頃でした。確かに、見た感じでは鉱山跡のような感じがしな
いでもありません。右手に大きな駐車場がありますが、車は止まっていません
。正面に木造の建物がありますが、ここが共同浴場の様です。地元ナンバーの
車が2〜3台止まっています。それにしても、静かです。

建物に入っていくと、誰もおりません。ちょっとした待合室のような所です。
棚にスナック菓子があり、古い雑誌なども置かれている所をみると、休憩室な
のでしょう。そんな事を思っていると、奥の方からおばちゃんが姿を見せまし
た。入浴料金を300円払い、右手のお風呂場へ向かいました。

脱衣場は、清潔な感じで気持ちが良いです。2台の扇風機がうなりをあげて首
を振っています。ガラス張りのドアから見える浴室も清潔な感じがします。
どうやら、先客が一人入っています。タオルを頭に乗せ、気持ち良さそうです
。地元の人らしいですが、私が入ると同時に上がられました。

5m四方の湯船が中央にあり、お湯がざぶざぶと注がれています。お湯は丁度
良い湯加減です。お隣りの女湯に入っているおばさん達の話し声がかすかに聞
こえてきます。

次に露天風呂の方に行ってみました。5〜6人入れる大きさで、眺めはなかな
かです。正面に山が迫り、その手前には小さな公園があります。そこに植えら
れている紫陽花がきれいでした。お湯は、内湯よりは少し温めです。それから
、打たせ湯がありました。肩に当てると丁度良い刺激の熱さでした。湯温が、
44℃という事ですから、源泉そのままなのでしょう。

結局、ここでも1時間ばかり貸し切りのお湯を楽しむ事になりました。

入湯後は、隣接されている温泉食堂へ。小鉢などを入れているケースなどがあ
り、お客さんが勝手に取って行ったりしている所を見ると、地元の人の憩いの
場なのでしょう。メニューで気になったのは、きじ丼(確か800円)です。

私は、お腹が減っていなかったので、仕方なくパインジュース(300円)を
頼み、一休みしました。(このパインジュース、単なるパインジュースで、失
敗でした)

駐車場に戻ってみると、少し車が増えていました。昼休みに一風呂の地元の人
でしょうか。

この温泉に300円で入れるのは、お特な気がします。
湯治温泉という一人様の貸し切り湯(ステンレスの浴槽)もありました。

施設名:湯の口温泉「鉱山跡の湯」
日帰り入浴料金:300円
時間 :9:00〜21:00
泉質 :ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
泉温 :44℃
湧出量:200リットル/分


HOME地域別温泉情報


上湯温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年5月末
所在地
奈良県吉野郡十津川村出谷
交通
JR紀勢本線新宮駅よりバス2時間
照会先
0742・20・3100
コメント
上湯温泉は、国道168号線から県道を2キロ程入った所にあります。

本当は「神湯荘」に入りたかったのですが、宿の入口の所に、「日帰り入浴お
ことわり」の看板が。残念です。

仕方なく、ここから少し下った所にある「上湯茶屋」に入りました。ここも、
どうやら「神湯荘」が管理されているようです。

県道に車を止め、急な階段を下りて行くと受付がありました。そこで500円
を払い、少し下りると仮設小屋のような休憩室があります。ここでは、地元の
人でしょうか、弁当を食べています。すぐ左手では、あの「野猿」が、するす
ると対岸へ、そして戻ってきます。こちらで引いている人がいるのでしょう、
思ったより早いですね。

ここから、右手に行った所に露天風呂がありました。渓流沿いの岩風呂です。
正面には山が張り出し、心地よい風が吹いています。お湯は透明でなめやかな
感じです。先程まで降っていた雨も完全に上がり、太陽の光が湯面をキラキラ
させます。

すごく開放的な露天風呂です。囲いのような物は何もありません。
私は、自然の中の露天風呂を十分に楽しみました。

源泉を飲んでみたのですが、結構熱いです。(85℃くらい)
駐車場はありますが、車4台程の小さなものです。
すぐ近くに村営の温泉(300円)があります。見た感じでは、洞窟風呂風で
す。ただ、あまりにも寂れているようでした。

施設名:上湯温泉「上湯茶屋」
日帰り入浴料金:500円
時間:7:30〜18:00


HOME地域別温泉情報


犬鳴山温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年9月初め
所在地
大阪府泉佐野市大木7番地
交通
JR日根野駅よりバスで約20分
照会先
0120・12・3731(み奈美亭)
コメント
犬鳴山温泉は、阪和自動車道上ノ郷ICから約10分の山間にあります。
旅館は、3〜4軒と少ないのですが、どの旅館も見たところ立派な建物です。
大阪からのアクセスも良いので、会食で利用される人も多いのでしょう。

府道62号線を犬鳴山方面に、細い山道をのぼって行くと、すぐに左手に「犬鳴
山温泉」の看板が見えてきます。右手に駐車場があったので、とりあえず車を停
めました。そうすると、すぐにおばあちゃんが寄ってきました。

このおばあちゃん、駐車場の番をしているのですが、なかなか親切です。
日帰り入浴できる旅館や共同浴場のお風呂の事を色々教えてくれました。本当は
500円かかる駐車料金もただにしてもらいました。(ここでお金を取る方が無
謀の様な気もしますが・・・)

まずは、お湯が良いという「不動口館」から入ります。入浴料金は800円です
。フロントが4階なので、エレベーターで2階まで下ります。エレベーターから
は、眼下に清流が眺められ、お風呂場からの眺めを少しばかり期待してしまいま
す。客室の前を通り、大浴場に向かいました。

大浴場は、あれっという感じです。真新しい客室の雰囲気とは違い、結構寂れて
います。ただし、きちっと清掃されているので、気持ち良く入れました。浴室は
正面がガラス張りになっており、紅葉や冬の季節は良さそうです。

10人ぐらい入れる湯船につかり、御一緒したお兄さんと少しばかり温泉談義を
しました。お湯は、丁度良い湯加減でつるつるしています。ここからすぐの所に
ある「神通温泉」よりもつるつるしている様に思います。

1ヵ月ぶりの温泉を十分に堪能し、明日からリニューアルオープンという「み奈
美亭」に向かいました。入れなくても、情報収集をしようと思ったのですが、有
り難い事に、地元の人に今日から入ってもらっているとの事。私もお願いして入
らせてもらいました。

さすが、リニューアルオープン前だけあります。全てにおいて立派、奇麗、気持
ち良いです。浴室に入ると、右手に湯船、左手に洗い場となっています。湯船側
は、全面ガラス張りとなっており、眺めも良いです。20人はゆっくり入れそう
な大きさです。その他に、屋根付きの露天風呂もあります。

こちらは、4〜5人程度でしょう。さわやかな風を感じながら、この辺りでは貴
重な露天風呂を楽しみました。

ここの温泉には、その他にも楽しいものがあります。
まずは、打たせ湯です。椅子が置いてあり、その上に2本のパイプの様なものが
壁に取り付けてあります。座ってみて、肩から30cmぐらい所に下向きに設定
されてあります。たぶん、ここからお湯がでるのでしょう。

スイッチがあるので、押してみました。すると、なんとすごい勢いでお湯が出て
きました。肩に当ったお湯が八方に飛び散り、湯船の半分程までびしょ濡れです
。幸い、お客さんはいなかったので救われましたが、こればっかりは要検討では
?と思います。

それから、5人程が入れるサウナがあるのですが、水風呂がありません。不思議
に思っていたのですが、出口右手にカーテン閉まってあるのを見つけました。中
を覗くと、壁にスイッチがあります。上を見てもシャワーらしきものはありませ
ん。

恐る恐るスイッチを押してみました。なんと、四方八方から水のシャワーが。
この手のシャワーが珍しいものかどうかはわかりませんが、なかなか気持ちの良
いものでした。

そんなこんなで、ここでも1時間程、温泉(?)を楽しみました。

ここのご主人・女将さん共とても親切で好感が持てます。今度は、泊りで来よう
かなって思っています。

料金 :800円
照会先:0724・59・7326(不動口館)
泉質 :ナトリウム−炭酸水素塩泉(純重曹泉)
泉温 :16℃
PH :8.6


HOME地域別温泉情報