北陸・関西



新穂高温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
岐阜県吉城郡上宝村
交通
JR高山本線高山駅よりバスで1時間30分
照会先
0578・9・2014
コメント
私は、蒲田川荘という宿に泊まりました。老夫婦がやっている老舗の落ち着け
る宿です。嬉しいというか懐かしかったのが、卓球台やら、日清カップヌード
ルの自販機(壊れていたが)があった事です。

ここのお風呂は、内風呂(男女別)と露天風呂(男女別、家族用)です。男性
用の露天風呂は、広々としており、50人は入れる大きさです。露天風呂の側
には蒲川が流れているはずだが、今年は雨が少ないのか、遥か彼方にちょろち
ょろと流れているだけである。

その向こう側には、紅葉が色鮮やかである。ただ、宿の人が言うには今年は、
もう一つだと言う事だが。紅葉を眺めながらの露天風呂の初心者の私にとって
は、その様な事は関係ありません。神戸からの7時間の長旅の疲れをとるのに
、時間はかかりませんでした。平日のせいか、お客は2組みで、男性は私一人
だったので、ゆっくりと紅葉を楽しみました。

ところで、今の季節(10/15〜10/25)、ライトアップ新穂高というイベントが
砂防資料館前の広場で行われていました。空クジなしの抽選会、大道芸人の芸
、屋台などもあって平日の夜だというのに、1000人近く集まっていました。

近くにある共同露天風呂もライトアップされていました。ただ、橋の上から丸
見えなので、さすがに入れませんでした。

この共同露天風呂は、24時間入れると思っていたのですが、現在は朝8時〜
夜9時までになってしまったという事です。というのは、夜間利用される人の
マナーが悪く、この様になったという事です。残念な事です。

次の日、8時すぎに入りに行きましたが、さすが人気があるのでしょうか、先
客が3人いました。大きい岩に囲まれる様に湯船があって、広々としています
。底には、自然に溜まったのか、細かい砂利があって、なんとも言えないお尻
の感触です。川の方から吹いてくるひんやりとした風で、湯気がゆっくりと山
側に移動し、木漏れ日がさしこみます。幻想的です。今は、隣りの人の顔も見
えなくなりました。



旅館名
蒲田川荘
おすすめ度
●●●○○
料金
14000円 入浴のみ500円
料理
バーベキュー
コメント
新穂高温泉(蒲田温泉)
泉質:カルシウム・ナトリウム−炭酸水素塩泉
噴出量:400リットル/分

食事の方は、露天風呂の隣りにある仮設テントの様な所でバーベキューという
事でした。和風旅館の夕食で、バーベキューなんて初めての経験で、期待と不
安が入り交じって、なんとも言えない気分です。

テントに入ると、テーブル毎に簡単な囲炉裏があって、中には串に刺さった岩
魚の塩焼きがあります。それを戴くと、次は炭火を使っての烏賊と海老の網焼
きです。その後は、牛肉と野菜の鉄板焼きでした。

囲炉裏を囲んで、地元の人の話を聞きながら食事をするのも良いものです。


HOME地域別温泉情報


栃尾温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
岐阜県吉城郡上宝村栃尾
交通
JR高山本線高山駅よりバスで1時間20分
照会先
0578・9・2614
コメント
蒲田川の河原にある露天風呂です。
湯船からの眺めは、雄大であり最高でしょう。
私は、朝10時頃入りに行きましたが、お湯を入れている最中で入れませんで
した。


HOME地域別温泉情報


和倉温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1991年8月中旬
所在地
石川県七尾市和倉町
交通
JR七尾線和倉温泉駅よりバスで5分
照会先
0767・62・3131
コメント
和倉温泉は、能登半島で唯一近代的な大型旅館が建ち並ぶ温泉地である。

私は、「ホテルのと楽」に泊まりました。

お風呂は、内湯と露天風呂(男女別)があります。
内湯の大浴場の広さと立派さにはびっくりしました。湯船からは、七尾湾が望
めます。また、脱衣場も広々としており、真新しい桧の匂いが心地良いです。

料理は海の幸を中心としたもので、質・料とも申し分ありません。

ロビーの天井は高く、ゴージャスなシャンデリアが良くマッチしています。

一番意外で嬉しかったのが、若女将が部屋に挨拶に来てくれた事です。大型旅
館で、なかなかここまでできません。感激しました。
 <ホテルのと楽> おすすめ度 ●●●○○
  料金...25000円

HOME地域別温泉情報


かわだ温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2000年12月末
所在地
鯖江市上河内町19−37−2
交通
JR北陸本線鯖江駅からバスで約30分(670円)
照会先
0778・65・0012
コメント
12月30日に、かわだ温泉「ラポーゼかわだ」に行きました。

神戸を3時前に出て、大阪から特急に乗ろうと思ったのですが、
キップ売り場の長蛇の列を見て、鈍行でゆっくり行く事にしました。

大阪から京都までは普通列車に乗り、京都から長浜までは新快速に乗ります。
長浜からはまたまた普通列車に乗り換え、鯖江に向かいます。
特急列車の混雑ぶりがウソの様にがらんとしています。
明日の温泉めぐりのコースなど考えている内に、あっという間に鯖江に着きま
した。

長浜で1時間程待ち時間があった事もあり、鯖江に着いたのは7時前でした。
ここからは宿までタクシーで向かいます。

田園風景の中の一本道を20分程走ると、小さな集落があります。
こんな所に温泉宿などあるのかなと思っていると、着きました。
ゴルフ場のクラブハウスの趣きです。車が何十台と止まっています。
車に乗っている時は、周りが暗かったので気が付かなかったのですが、残雪が
10cm程残っています。

ここは、旅館というよりはホテルの趣きです。部屋のキーを貰い、部屋に向か
いました。廊下の壁には幾つもの絵画が飾られ、階段上のエントランスには意
味不明の石のモニュメントなどがあります。周りの風景とのアンバランスさが
楽しいですね。
部屋は、バス・トイレは付いていないものの12畳程の洋室で立派なものでし
た。中央に広めのベッドが2台。正面の窓が広めに取られています。その手前
には食事用のテーブルがあり、隣りには大型のTVが置かれています。

食事は8時から予約してあったので、その前にお風呂に行く事にしました。
ここの宿は前日予約したばかりで、温泉についてはほとんど予備知識がないの
で楽しみです。

駐車場の車の多さである程度は覚悟していたのですが、たくさんの人です。
20人〜30人は入っているでしょうか。しかし、よくよく見ると洗い場が満
杯であって、湯船にはあまり人がいません。広めの湯船にゆっくりと浸かりま
した。照明のせいでしょうか、お湯は若干錆色に変色している様に見えます。
お湯かげんは丁度良く、少しすべすべします。
右手にお湯が注がれている所があったので、飲用してみました。
透明のお湯で少し苦味があります。湯口は錆色に染まっていました。

次にライトアップされた杉木立が鮮やかな露天風呂に入ります。
10人程が入れる岩風呂ですが、こちらの方が少しつるつる感があります。
普段ならあまり良くないであろう正面の岩肌が、程よい残雪のおかげで絶妙の
眺めになっています。

夕食は部屋の方で戴きました。
刺し身、小鉢(かに)、小鉢(鮭)、天ぷら、にこごり、混ぜご飯、牛鍋
そば、茶碗蒸し、フルーツ、澄まし 等がでました。
なかなかの美味で、量的にも丁度良いものでした。
また、料理を出すタイミングも3回程にわけ、温かい物は温かい内にという心
遣いが嬉しく思いました。

食後、もう一度お風呂に行きました。
お風呂は23時迄となっており、露天風呂にいたっては朝は入れないという事
でした。この辺りは、改善してほしいと思います。

22時頃入りに行ったのですが、この時には数名が入っているのみです。
ほとんどが地元の日帰り客なのでしょう。休憩室で待ち合わせをしていました


貸し切りとなった露天風呂に入り、一人物思いにふけりました。
今年最後の温泉かなと思いながら一年を振り返りました。
完全なおじさんモードです。

翌朝は6時30分からお風呂に入りに行きました。
しばし、一番風呂の貸し切り風呂を味わいました。
入口の所で、温泉分析表があったので確認した所、
泉質は含硫黄−ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉(含芒硝重曹泉)で、泉温
は32.3℃、湧出量は260リットル/分という事でした。
なるほど、あの錆色に似た色合いと苦味は芒硝泉からきていた様です。
ここの湯は、重曹泉より芒硝泉の方が勝っている様に思います。

朝食は食堂で戴き、8時30分にチェックアウトします。
ここからは、鯖江駅までバスで向かいます。
一日に10便もないですが、「鯖江駅」〜「ラポーゼかわだ」はバスが通って
います。

詳細は以下の通りです。

旅館名:ラポーゼかわだ
交通 :北陸自動車道 鯖江I.C.〜県道
鯖江I.C.から約12km
宿泊料金:8500円(サ込・税別)
泉質 :含硫黄−ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉(含芒硝重曹泉)
泉温 :32.3℃
外来入浴:10:00〜23:00/500円

HOME地域別温泉情報


芦原温泉
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 2000年12月末
所在地
坂井郡芦原町温泉4丁目305
交通
京福電鉄芦原湯ノ町駅から徒歩5分
照会先
0776・78・4126
コメント
12月31日に、芦原温泉「セントピア芦原」に行きました。

さて、今年最後の温泉をどこにしようかと昨日から悩みに悩んだ末出した答え
が、越前海岸周辺の温泉でした。「水仙の里温泉」、「花みずき温泉」、「越
前温泉漁火」と周る予定です。

各温泉に電話をかけましたが、繋がりません。
とりあえず行くしかないかという事で、京福バスターミナルから越前海岸方面
のバスに乗り込みました。大晦日という事もあるのでしょうか、私以外に2人
乗っているだけです。

途中、天谷鉱泉付近ではみぞれが降っていたのですが、水仙の里公園付近では
なんとか止んでくれました。
バス停からは10分ぐらい歩きました。要所要所に大きな看板が立っており、
場所はすぐにわかりました。「水仙の里温泉」は春日神社の境内にありました
。覚悟はしていましたが、入口のドアに張り紙が。1月2日から始めるという
事でした。水仙の里温泉に入って、後の2つは2〜3時間かけて歩いて行こう
と思っていたのですが、前途多難と判断し福井市内に戻る事にしました。

やはり大晦日・正月は大規模な温泉施設しか無理なのでしょうか。
とりあえずバスターミナルまで戻り、運転手さんお薦めのバスターミナル内の
そば屋さんで昼食を取りながら、どこへ行こうか決めようと思います。
「たぬきそば定食」を注文したのに、「おろしそば定食(600円)」が出て
きました。福井名物だそうで、そのまま戴きました。

とりあえず、明日行こうと思っていた「セントピア芦原」に電話をかけた所、
明日は休みで、今日は18時迄という事です。

今からだと3時間程しかないので、急いで京福電鉄「芦原湯の町」行きに飛び
乗りました。

前置きが長くなりました。
芦原温泉は約10年ぶりです。
駅前はあまり変わってない様に思いました。「セントピア芦原」は、前回来た
時にはなかった温泉施設です。

駅前の通りを5分程歩いた所にありました。
美術館の様なお洒落な建物です。

1階が展示コーナーのようになっており、2階に受付があります。
入浴料金が500円で、ここから上下階に男女浴室が分かれています。
3階が「天の湯」で、1階が「地の湯」となっています。
この2つの浴室は、一週間単位で男女入れ替わるようです。
この日は、「天の湯」が男性浴室でした。

ロッカーの数から判断して100人ぐらい入れるのでしょうか。
実際100人ぐらい入っていました。
大晦日はやはりこういう施設は混むみたいですね。
一昨年の大晦日に入った鷹の子温泉(愛媛)も満杯でしたし。
満杯だからという訳ではないですが、建物の規模から見ると、浴室は狭い様に
思いました。芦原温泉の日帰り温泉専用の施設としては、もう少し広くしてほ
しいですね。湯量とかの問題もあると思いますが。

浴室には、内湯・ジェットバス・サウナ・露天風呂・打たせ湯とあります。
内湯・露天風呂に30分程入りました。

お湯はあまり特色なく温めでした。飲泉場があり飲んでみましたが、無味無臭
の様に感じました。

パンフレットによると、
「天の湯」は、「大浴槽は高・低温浴槽となっており、湯客の好みにあわせて
入ることができます。また気泡風呂(ジャグジー)、サウナなどもあり、体を
シンからほぐし疲れを癒してくれます。昼は陽光のあふれる光の中で、夜は満
天の星空の下で、のんびりとお湯をお楽しみいただく、天の湯です」との事で
す。
また、「地の湯」は、「高・低温の大浴槽をはじめ、釜風呂(蒸し風呂)、打
たせ湯、寝湯など、お湯の抱擁感を大事にしたゆったり気分のお風呂が、この
地の湯の自慢です。外壁は手づくりの陶板2万枚から成っています」との事で
す。

17時すぎには、入浴するのに順番待ち状態になっていたので、急いで着替え
受付外にあるラウンジでゆっくりしました。

1階には温泉たまごが作れるコーナーがありました。ただし、たまごは売店で
買わないとダメという事です。

詳細は以下の通りです。

旅館名:セントピアあわら
交通 :北陸自動車道 金津I.C.〜県道
金津I.C.から約7km
泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
営業時間:10:00〜22:00
入浴料金:500円


HOME地域別温泉情報


越前美人の湯温泉
秘湯度
●○○○○
取材時期 : 2000年12月末
所在地
福井市渕2丁目1401
交通
JR北陸本線福井駅からバス20分社中央下車(290円)
照会先
0776・34・7770
コメント
12月31日に、越前美人の湯温泉「ゆけむり温泉ゆ〜遊」に行きました。

ここは、大晦日に宿泊できる温泉施設という前提で探した所です。
2日前から探しはじめたので仕方ありませんが、間違いなく温泉の様です。

ここへは、福井駅前から運動公園行き(55系統)のバスに乗ります。
この系統のバスは10分間隔なので、すぐにやってきました。

バスに乗ること約20分、左手に土派手な看板が見えてきました。
ここは、温泉宿泊施設というよりは大型サウナという感じです。
フロントで部屋の鍵と寝間着?(サウナで着る様なもの)をもらい、部屋に向
かいます。普通のバストイレ付きのシングルの部屋でした。

食事前にお風呂へとは思ったのですが、さぞや大勢の人が入っていると思い、
先に食事にしました。
1階に焼肉レストラン、2階に食事処があります。
焼肉レストランは満席という事で食事処にしました。
左手がテーブル席で右手が大広間になっています。時間が遅かったせいか、大
広間に通されました。家族連れ、団体さんがほとんどです。

定食というのもあったのですが、味気ないと思い単品で8品程頼みました。
トマトサラダ、肉じゃが、揚げだし豆腐、カキフライ、焼さば、出し巻き、
ざるそば、ごはん&味噌汁、生ビールなどなど。
食事処なので量は少なめと思ったのが間違いでした。一品一品が大皿で、たち
まちテーブルは料理で埋まりました。

ビールの量を減らし、なんとか残さず戴きました。
カキフライが美味しかった事ぐらいしか覚えておりません。

満腹で苦しくお風呂どころじゃございません。
部屋に戻り眠りにつきました。23時頃一度起きましたが、あまりにも気持ち
良かったので、そのまま寝ました。
このような形で年越しをしようとは、わからないものですね。
一昨日までは、淡路でカウントダウンを見ようと思っていたのですが。

翌朝は5時30分に起き、お風呂に行きました。
4時30分から6時までは清掃中という事で、ロビーで新聞を読みくつろぎま
す。

お正月の一番風呂というのは気持ちが良いものですね。
広めの浴室には、手前から水風呂、白湯、薬湯、高温湯、ジャグジー、サウナ
、露天風呂とあります。
まずは、薬湯に入ります。漢方の香りがくら〜とさせます。次に高温湯(40
℃〜42℃)に入ります。丁度良いお湯加減です。そして露天風呂へ。
10人程が入れる岩風呂で、周りは高い塀で囲まれています。ひんやりとした
外気の中、この露天風呂に入った時が一番落ち着けました。

露天風呂の後は、ジャグジーに入りました。ふと、正面の中庭見ると、ライト
アップされた滝から2筋の水が落ちています。もしや、打たせ湯?と思い、中
庭に出てみましたが、紛れもなく水でした。ここからは、露天風呂の方へも行
ける様になっています。もう一度、露天風呂に入り、白湯に入って、21世紀
最初の温泉を堪能しました。

ここで、この施設の説明を少し。
更衣室は広めで、ブラシ・ドライヤー完備。パンツ・シャツ・靴下の自動販売
機があります。浴室には、洗い場が20程あり、シャンプー・リンス・ボディ
ーソープ・シェービングフォーム・カミソリ・歯ブラシ完備。
1階は、フロント・ロビー・読書コーナー(数百冊のコミックスがあります)
※入浴後、「課長 島耕作7」をついつい読みふけってしまいました。
2階は、リラックス談話室・ごろ寝ルーム・ゲームコーナー・カラオケ・子供
ビデオ・子供ルーム
3階は、シアタールーム(最近発売された映画ビデオをかけています。)
・仮眠室

泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉で、
泉温は39.7℃です。
建物の正面玄関の横に飲泉場があります。飲んでみた所、少し苦味がありまし
た。

詳細は以下の通りです。

旅館名:ゆけむり温泉ゆ〜遊
交通 :北陸自動車道 福井I.C.〜県道
福井I.C.から約10km
宿泊料金:11000円(サ込・税別)
泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉
泉温 :39.7℃
外来入浴:24時間/1500円

HOME地域別温泉情報


佐野温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2001年1月初め
所在地
福井市佐野町14−8
交通
JR北陸本線福井駅からバス30分
照会先
0776・83・0439
コメント
1月1日に、佐野温泉に行きました。

ここは、3年前福井に立ち寄った際、時間がなく諦らめた温泉で、今回はここ
の温泉にぜひ入りたいと思っていました。

佐野温泉へは、福井駅前からバスで30分程です。
途中、右手に九頭竜川が眺められ快適な道中でした。

さて、佐野というバス停で降りたのですが、いわゆる周りは田舎風景でそれら
しき建物は見当たりません。少し不安になりました。それでも、有名な温泉な
ので、そのうち看板でもあるでしょう。100mぐらい歩いた先に看板があり
ました。そして、佐野温泉というバス停も。なんで、100mにバス停が2つ
もあるのでしょう?たぶん、こちらの方が後から作ったのでしょうね。

右手に向かうと、田園風景の中、ぽつんとそれらしき建物が建っております。
かなり寂れた感じがします。大きな駐車場には車は少なく、奥の方にはいつ出
動するのか佐野温泉の送迎バスが5台程止まっています。今日がお正月という
のが信じられない雰囲気です。柿の木に留まったカラスが柿を突ついています


玄関左手の受付に日帰り入浴したい旨伝えますと、親切に案内してくれました
。真っ直ぐ行って左に曲がり階段を上がった所に大浴場があり、右手に進んだ
所に露天岩風呂があるという事です。

まずは、大浴場に入ってみようと思います。そして、一度入ってみたかった砂
利風呂に入ろうと思います。

玄関からまっすぐ年季の入った廊下を進みます。途中、小さな演芸場の様な所
を通りすぎ、宴会場を左に曲がり階段を上がります。

少し進んだ先に大浴場がありました。
脱衣場は思った以上に広めでした。昔の温泉宿の良い雰囲気の脱衣場です。
扇風機、コイン式の壊れたマッサージチェア、アナログの体重計。
これだけ見ても落ち着けます。
さらに、先客が誰もおりません。どうなっているのでしょうか。

浴場へは、脱衣場から階段を降りるようになっています。
湯船は、これも思ったより広めでした。湯船には、お湯が注がれています。
お湯は熱めでしたが、すぐに慣れました。この季節には丁度良いお湯加減です
。お湯が注がれている所で飲泉してみました。かなりの高温です。
少し苦味がありました。

前面がガラス張りになっており、天井も高く、すごく落ち着けます。
ゆっくり浸かろうとは思うのですが、左手のドアが気になります。どうやら、
その先が砂利風呂の様です。

砂利風呂は、温室のような感じでした。大浴場の外に付け加えられた様な感じ
です。5〜6人程がゆっくり寝られるスペースに砂利が敷き詰められています
。その上にお湯が10cm程溜まっています。

まずは、案内板にしたがって5分程砂利の上を歩きます。血行を良くするとい
う事です。

いよいよ寝転びます。そして、傍らの砂利を体の上にかけます。体の中心部分
にのみ砂利が乗り、上手く熱が伝わりません。

こんどは、砂利を深く掘った後、そこに寝転びます。寝ようと思うと、お湯が
注ぎ込み砂利が元通りに・・・。これは、なかなか難しい。この姿は、なかな
か絵になります。人がいたら恥ずかしいですね。

なんとか、人型の溝を造り、寝転び、砂利をかけました。お尻部分が少し熱い
ですが、見られる形になりました。

10分程そのまま入っていたのですが、やはり温泉の温かさは実感できません
でした。指宿の砂風呂とは違いますね。あちらは15分も入れば我慢できない
熱さだったと思います。

砂利風呂の外に歩行浴がありました。水だったのでパスです。

すっかり冷え切った体には、内湯が心地よいです。
今度は、ゆっくり浸かりました。

入浴後は、例のマッサージチェアで一眠りします。
お正月の昼下がり、この様な時間の過ごし方も良いものです。

さて、次に露天岩風呂との説明を受けた方に向かいます。
こちらには、3人程の先客がいます。
脱衣場は小さめですが、増築されてまだ新しい感じです。浴室には、アロエベ
ラ風呂・ジェットバスなどがあります。

まず、アロエベラ風呂に入ってみました。
少しヌルヌル感があります。これが、アロエ効果なのでしょうか。
ちなみに、アロエとアロエベラとは違うそうです。

次に、露天風呂へ。
10人程が入れる大きさです。前面に自家栽培のアロエベラの倉庫があります
。右手には塀が。あまり眺めは良くありません。
ただ、湯面を走る湯気が太陽の光に照らされ、露天風呂の良い味を出していま
す。

入浴後は、食堂で親子丼(450円)を戴きました。
そして、バスの待ち時間を演芸場で過ごしました。演芸場といっても、舞台に
大型テレビが置かれてあるだけですが。正月番組(演芸)をやっていました。

この後、鷹巣温泉に行く予定でしたが、佐野温泉でゆっくりしてしまったので
あきらめました。

そして、初詣では永平寺へ。禅修行で有名なお寺です。
永平寺では、まさかまさかという感じで、妹夫婦とばったり会いました。
同じ神戸に10年以上も住みながら、町で一度も会った事もないのに、
不思議ですね〜。もうびっくりです。

詳細は以下の通りです。

旅館名:佐野温泉
交通 :北陸自動車道 福井北I.C.〜R416〜県道
福井北I.C.から約20km
泉質 :芒硝泉
営業時間:8:00〜22:00
入浴料金:1000円

HOME地域別温泉情報