北海道(道南・道央)



愛山渓温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
上川郡上川町字愛山渓
交通
JR石北本線上川駅より愛山渓温泉行きバスで55分
照会先
01658・2・3887
コメント
ここの温泉は、国道39号線を逸れ20キロ程入った所にあります。
最初の11キロは舗装されていましたが、残り9キロのダート道は、普通車に
は非常に堪えました。

お湯は透明で、ちょうど良い湯加減でした。4m×3mの湯船が1つあります
。お風呂場には、大きな窓があり大雪山?を見る事ができます。大雪山系には
、根雪が見られました。
また、脱衣場・風呂場共きれいに清掃されていて気持ち良いです。
私は、朝風呂をゆっくり楽しみました。



旅館名
愛山渓青少年の家
おすすめ度
●●●○○
料金
9500円(大人1人の場合)
料理
山菜料理(山菜のてんぷらが美味)とアンガス牛料理(歯ごたえがあり、これも美味)
コメント
とにかく静かです。ぐっすり眠れます。
ロビーには、旅日誌・雑誌等が置かれてあり、のんびりする事ができます。


HOME地域別温泉情報


万字温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
空知郡栗沢町
交通
JR室蘭本線岩見沢駅より
照会先

コメント
ここの温泉は、夕張から岩見沢への県道38号線沿いにあります。

万字温泉に着くと、まず目に付いたのが「万字王国」とペンキで書かれた大き
な看板です。なるほど、映画「幸せの黄色いハンカチ」のような雰囲気がありま
す。

空き地には、札幌ナンバーの車が4〜5台停まっていました。私は、それらの
車の端に停め、階段の上に厳かに建っている温泉宿に向かいました。

玄関のドアを開けると、ひなびた湯治場の雰囲気が漂っています。右手に大広
間があり、宴会をやっています。左手にも休憩用の部屋があり、1000円と
書いてあります。入浴料500円を払い、お風呂場に向かいました。

浴室に入ると、ほのかなりんごの香りがします。しかし、りんごが浮かんでい
ない。なぜ?少し寂しさを感じました。ただ、お湯の方は、ちょうど良い湯加
減で一人でゆっくり入れました。昨日までは、ずーと濁り湯ばかりだったので
、ここの湯で一息つけました。

入浴後、ロビーでくつろいでいると、宿の御主人から声をかけてもらいました
。宴会中で、決して暇ではないと思うのですが。まず、りんごの件を聞くと、
シーズンオフだからという事です。8月過ぎがシーズンだそうです。それから
は、廃坑前の賑やかだった頃の話を聞きました。

日帰り湯としては、久しぶりにのんびりする事ができました。お勧めの温泉で
す。


HOME地域別温泉情報


ポンネ湯
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
空知郡栗沢町
交通
JR室蘭本線岩見沢駅より
照会先

コメント
ここの温泉は、万字温泉の近くにあります。
仮設小屋のような建物です。入口に置いてあるガラスビンに小銭を入れ、暖簾
をくぐると小さな脱衣場があります。浴室に入ると、これまた仮設そのもので
す。床も壁も天井も湯船も全て同じ材質でできています?情緒はありませんが
、すっきりしていてきれいです。お湯は透明でやや熱めでした。

入浴できるのは、日曜日のみで女性は 14:00〜16:00 男性は 16:00〜18:00 と
なっています。また、隣りには廃車になったバスを改造してつくった休憩所が
あります。

休憩所では女性の方、お風呂場では男性の方と御一緒しましたが、皆地元の人
でした。みんな気さくな人ばかりで、のんびりできました。

泉温:9.8度
泉質:ナトリウム・カルシウム・硫化水素泉?


HOME地域別温泉情報


幌加温泉 Photograph
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
河東郡上士幌町幌加温泉
交通
JR根室本線帯広駅より糠平温泉行きバスで1時間30分、乗り換え20分
照会先
01654・2・2111
コメント
ここの温泉は、国道273号線から逸れ1キロ程入った所にあります。
旅館が2軒あるだけの静かな所です。

私は、幌加温泉旅館に泊まりました。
ここの旅館のお風呂は、内湯と露天風呂があります。内湯は、男女別と混浴が
あります。内湯(男性)は、湯船が2つあり、硫黄泉と食塩泉に分かれていま
す。露天風呂(混浴)は、自炊棟の裏手にあります。岩で作られた湯船は、5
人ぐらいしか入れません。ただ、川沿いにあり滝を見ながら入れます。



旅館名
幌加温泉
おすすめ度
●●○○○
料金
5900円
料理
山菜料理
コメント
宿の主人がユニークで、のんびりできます。
宿の予約の際、電話で「予約できますか?」に対して、「空いてるョ!」
という返事が。どんな人かと楽しみにしていたのですが、山小屋の主の様な
感じでした。


HOME地域別温泉情報


かんの温泉
秘湯度
●●●●●
取材時期 : 1996年5月初め
所在地
河東郡鹿追町然別峡
交通
JR根室本線帯広駅より送迎バス有り
照会先
01566・6・2848
コメント
ここは、国道から脇道にそれ舗装されていない砂利道を約20km程走った所
にあります。一件宿のかんの温泉には、内風呂4つと露天風呂2つがあります

内風呂には、それぞれ趣があって泉質も違います。おもしろかったのは、小町
の湯と呼ばれている風呂で、せいぜい3人入れるかどうかという広さですが、
プライベート風呂と言いますか、一人で入って中から鍵を掛けられる様になっ
ています。
一人ゆっくり温泉に入るというのも良いものです。(私は一人で入り、山奥に
ある家庭の湯を楽しみました)
しかし、温泉の醍醐味は何と言っても露天風呂です。ちらほら雪の残る渓谷を
勢い良く流れる渓流 エゾシカ、きたきつねも姿を見せます。
このような景色の中、あたたかい露天風呂につかりながら、ビールをぐいっと
いくのも格別です。(一緒に入っていた旭川からバイクで来ていたおじさんは
、ぬかりなくビールを持ち込んでいました)
ここは、温泉では比較的有名なのか、結構道内のあちらこちらから来ていまし
た。


HOME地域別温泉情報