北海道(道南・道央)



薬師温泉 Photograph
秘湯度
●●●●●
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
磯谷郡蘭超町字日出
交通
JR函館本線昆布駅よりタクシーで10分
照会先
0136・58・3057
コメント
ここの温泉は、ニセコの南西にあり国道5号線を逸れ7キロ程入った所にあり
ます。解りにくい道ですが、案内板が出ているので昼間であれば、迷う事はな
いでしょう。

薬師温泉は、男女別の内湯が2つと混浴の露天風呂があります。内湯の方は、
黄土色のお湯と透明なお湯の2種類が楽しめます。どちらの湯船も深さが1m
程あり、底には大きな岩がころがっていました。源泉が36.9度という事で
いくら入ってものぼせる事はありません。

というのも黄土色の方に入った時の話なんですが、先客が3人いまして、私が
、「こんにちは」と言って入ったにもかかわらず、3人共黙り込んでいました
。浴室は薄暗く、異様な感じでした。私もすごすごと浸かり、それから5分た
ち10分たちと瞑想の時間が30分程続きました。誰もが出るに出られない様
な状況だったのかも知れません。私が出ようと思った時、1人の若い兄さんが
出て、ようやく異様な静けさから開放されました。不思議な体験をしました。

露天風呂の方は、宿の駐車場の裏手にあります。原生林に囲まれた泥沼といっ
た感じです。ワニが出てきてもおかしくない所です。私は、朝4時に起きて入
りに行ったのですが、薄っすらと靄がたち込め野鳥の声が響き渡り幻想的な時
間を過ごせました。

さて、薬師温泉の特長ですが、北海道大学の某教授によると、温泉から出る泡
が超音波を発し4分で全身マッサージを行なうと言うことです。そう言われる
と、ぬるめのお湯なのに入浴後体がポカポカしていた様に思います。



旅館名
薬師温泉
おすすめ度
●●●○○
料金
6000円 入浴のみ300円(8:00〜21:00)
料理
山菜料理
コメント
旅館のおまつおばーちゃんが人情味豊かで◎。予約の電話をした時、神戸から
ですと言うと、震災はどうだったとか、こちらも南西沖地震がどうのとか、延
々20分程、しゃべってました。(ちなみに地震の時には、お湯の色が青色に
変わったそうです)
着いてからの接客も思っていた通りでのんびりできました。


HOME地域別温泉情報


千走川温泉
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
島牧郡島牧村字元町
交通
JR函館本線小樽駅より
照会先
01367・4・5409
コメント
道内一の大爆布という事で、賀老の滝を見に行ったのですが、駐車場から20
分程歩く事になり、滝のすばらしさよりも自分の体力の無さを痛感しました。
車まで戻ると、もう汗びっしょりだったので、とりあえず近くの千走川温泉に
飛び込みました。こんな時、日帰り温泉がたくさんある北海道は助かります。

内湯と簡単な露天風呂でしたが、シャンプー,タオルがあり助かりました。お
湯は、少し熱めで黄土色をしていました。入浴料は400円です。


HOME地域別温泉情報


島牧漁り火温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
島牧郡島牧村字元町
交通
JR函館本線小樽駅より
照会先
01367・4・5103
コメント
千走川温泉の近くにあります。ここも内湯と露天風呂があり、お湯はやや熱め
の黄土色をしていました。ここの温泉の特長は、露天風呂です。
温泉名からもわかると思いますが、日本海が一望できます。夏の夜であれば、
漁り火をみながら一杯という所でしょうか。入浴料は400円です。


HOME地域別温泉情報


支笏湖温泉
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 1991年5月初め
所在地
千歳市支笏湖温泉
交通
JR千歳線新千歳空港駅より糠平温泉行きバスで45分
照会先
0123・25・2216
コメント
支笏湖温泉は、四季折々の表情を見せる支笏湖の辺にあります。

私は、「支笏湖レークサイドホテル」に泊まりました。

お風呂は大浴場のみです。湯船は広々としており、大きな窓からは原生林が見
えます。眺めとしては、紅葉の頃が一番良いでしょう。

私は、なめらかなお湯の中、一人ゆっくりと物思いに耽っていました。

 <支笏湖レークサイドホテル> おすすめ度 ●●●○○
  料理...会席料理
  料金...12000円


HOME地域別温泉情報