15湯目【石川】金沢温泉 金石荘



8時30分に神代温泉を発ち、国道415号線で羽咋市に向かいました。
なぜなら、千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイを通る為です。

ご存知の方も多いとは思いますが、このドライブウェイは砂浜にあります。
ドライブウェイにある石碑には、
「三十数年前、一人の観光バス運転手が、広々とした波打ち際を思いっきり走
れたらと空バスを試走させたのがデビュー」と書かれていました。

現在は、北陸の観光コースともなっていて、実際に観光バスも通っていました

ここを通るのは、12年ぶりです。
当時は、何も知らずに通りかかったもので、すごく感動しました。標識なども
あり、びっくりしたものです。また、現在ほど立派ではありませんが、出店が
一軒あり、そこで焼はまぐりやサザエのつぼ焼き等を食べたせいで、当日泊ま
った和倉温泉の豪華な夕食を半分ぐらい残すはめになった苦い思い出がありま
す。(^^;

なぎさドライブウェイ 標識もあります。


今回は当時ほどの感動はありませんでしたが、窓を一杯に開け潮風を感じなが
らのドライブは気持ちの良いものでした。

さて、いよいよ今回の最後の温泉「金沢温泉 金石荘」の紹介です。

金沢温泉は、国道8号線の藤江交差点を右折し、県道17号線を海側に進みま
す。県道8号線を通り過ぎ、すぐの金石交差点(角に金石タクシー)を左折す
ると、すぐに左手に「金沢温泉 金石荘」の看板が見えてきます。

外観は、温泉旅館という雰囲気です。
駐車場は広く、10数台の車が止まっていました。玄関を入り、ソファーで寛
いでいた係りのおばさんに入浴料金350円を払います。

金沢温泉外観 看板(逆方面から撮影)


脱衣場は、ごく普通で、お客さんはまばらでした。
さてさて、いよいよ浴室に入ります。まず、驚いたのはお湯の噴出す音です。
左手に洗い場、右手に湯船があるのですが、湯船の奥に暖炉の様なものがあ
り、下からかなりの勢いでお湯が噴出していました。

まずは、湯船に入ります。お湯は紅茶色で、かなり熱めです。
次にお湯が噴出している場所に移動します。湯面が、所々白く泡立っています
。また、湯の華でしょうか、少し濁っています。

お湯を確認した所、微塩味で微石油臭がしました。
湯船からはお湯も溢れていますし、掛け流しの様です。
しかしながら、ここも熱いのが玉にきず、長湯できません。

湯口の隣りに座れる様な所があったので、ここでゆっくり入ります。
ここで湯温を測った所、42.2℃でした。

この後、露天風呂と打たせ湯を確認するも、温泉ではなく塩素臭もし、早々退
散。先程の定位置に戻りました。

今回の最後の温泉としてじっくり味わい、金沢温泉を後にしました。

この後は、国道8号線を美川方面に向かいます。時間があれば、「美川温泉 
元湯ほんだ」に寄る予定でしたが、時間オーバーで行けませんでした。

14時30分までに敦賀に着かなければいけません。美川からは、高速で敦賀
まで向かいました。台風の余波で、横風がすごかったのですが、どうにか14
時に敦賀に着き、無事レンタカーを返す事ができました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:金沢温泉
施設名:金沢温泉 金石荘
所在地:金沢市金石本町ニ−91
連絡先:076−267−0630
交通  :JR北陸本線金沢駅から北鉄バスで金石下車すぐ
泉質  :ナトリウム−塩化物泉
泉温 :55.6℃
湧出量:363リットル/分
pH :7.68
営業時間:10:00〜24:00(第1・3水曜日は16時から) 無休
入浴料金:350円

 

HOME14湯目【富山】神代温泉