14湯目【富山】神代温泉



本日の宿泊は、神代(こうじろ)温泉です。最後の夜ですから、温泉にゆっく
り入れる様に24時間いつでも入れる宿にしました。

高岡岩坪温泉からは、県道64号線で一旦岩坪まで戻り、県道32号線〜氷見
広域農道経由で約30分程です。

最後は少し分かりにくいので説明します。氷見広域農道の堀田交差点で左折し
、1〜2分走ると神代温泉の立派な看板があります。ここを左折し、道なりに
1〜2分走ると、右側にぽつんを一軒宿が見えてきます。ここが、神代温泉で
す。

17時前に宿に着きました。予約の時に、夕食は準備できないという話を聞い
ていたので、挨拶だけして食事に出かける事にします。

女将さんと相談し、氷見漁港の方で食べる事にしました。道順を丁寧に教わり
、その通り行きますと20分程で氷見漁港へ到着です。

「氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館」という所があったので、ここのレス
トランで食事をとる事にします。

神代温泉玄関 有磯定食


有磯定食(確か1800円)を戴きましたが、とても美味しいかったです。
刺身の盛り合わせ、天ぷら、かぶす汁、小鉢3品、ご飯。刺身はネタが新鮮で、
天ぷらは揚げたて、そしてかぶす汁はこくがあって美味でした。
注 かぶす汁とは、氷見の漁師さんたちが朝食に食べる魚をぶち込んだみそ仕立
ての鍋の事です。

帰りに缶ビールを購入し、宿には18時30分頃到着しました。時間があれば、
この近くの「指崎の湯」に寄ろうと思っていましたが、パスしました。

到着後、すぐに入浴です。大女将に簡単にお風呂場の説明を受けます。
脱衣所は男女に分かれていますが、どうも男性客が多い様で、どちらで着替えて
も良いですよという事でした。

というのは、片方のお湯は熱くて、もう片方は普通だという事でした。とりあえ
ず、勧められた女湯の方(右側)で着替えて入ってみる事に。

浴室入口 女湯浴室


う〜ん、豪快です。薄暗い浴室(照明が暗い)には、正面に岩風呂風の湯船があ
ります。そこに、顔の高さぐらいから、パイプを通してお湯がざぶざぶと注がれ
ています。湯船には茶褐色のお湯が満たされています。手前の湯船の縁からは、
お湯が溢れています。

足を浸けて見た所、これが結構熱めです。隣りの湯船は普通という事でしたので、
ここで断念して、隣りに移りました。

こちらもほぼ同じ様なレイアウトです。湯船は少し広いでしょうか。2m×3m
ぐらいです。隣りのお湯よりは温いですが、こちらも熱めです。

男湯浴室 男湯浴室の湯口


湯船は手前が浅くなっていますが、湯口付近で深くなっています。まずは、注が
れる湯を手の平で受け止め、飲んでみます。思ったよりも鉄分は薄く、しょっぱ
さの方が強いです。臭いは、少し金気臭+硫化水素臭がしました。何よりも感心
した事は、お湯が透明な事です。それだけ、新鮮という事ですね。
(入浴後、確認したのですが、このお湯は24時間掛け流しているそうです。一
度止めれば、出が悪くなるという事でした。)

湯船の手前の方で、岩の平らな所を枕代わりにして、ごろ寝する様な格好でしば
らく入りました。30分程入っただけで、もう十分です。結構、効きます。

入浴後は、玄関先で女将さんと温泉談義となりました。
昔(昭和40年頃)この周辺が賑わっていた時の話や、最近では遠方からここの
温泉を目当てに来てくれる人が多い事などなど。気が付けば、1時間程立ち話し
ていました。

一旦部屋に戻り、テレビなどを見ながら寛ぎます。建物も部屋の方も年季が入っ
ていますが、きちんと清掃されており清潔です。

寝る前にもう一度、温泉に入りました。今度も、男湯の温めの方に入ります。
丁度、従業員のおじいちゃんがカラン部分の錆とりをしていました。ここのお湯
は、メンテナンスが大変だと思います。(ちなみに、カランからは普通のお湯が
出ています)

この時には、隣りの女湯の方にも誰か入られていました。地元の日帰り客だと思
います。これまで、ゆっくり周ったようでもどこか時間に追われていた様に思い
ます。そういう意味では、ようやく時間を忘れて、ゆっくり入る事ができた様に
思います。

ただし、ここは熱いので長湯はできませんが。ここの温泉は、少し入り、部屋で
ゆっくりと休み、また入るという感じでのんびりした方が良いと思います。

入浴後、またまた廊下で女将さんと立ち話する事に。ここの女将さんは結構話好
きです。時間も遅かったので10分程で切り上げ、ビールを注文し部屋に戻りま
した。しばらくして、枝豆とびんビール(大)を持って来てくれました。

びんビールが無くなる頃、ウトウトしだし、そのまま眠りに付きました。

翌朝は、ほととぎすの鳴き声で目が覚めました。
まずは、朝風呂に入りに行きます。

今度は、右手の女湯に挑戦です。昨夜と同様に熱いですが、我慢して入ります。
温度を測ってみた所、湯船手前で43.5℃でした。
湯船はこちらも段差がありますが、浅い部分が狭いです。

実は、この湯船、隣りと奥の方でつながっています。お互いが見えないように、
すだれを立ててはいますが、無理をすれば隣りに移れます。無理をする必要もな
かったのですが、そこから隣りの湯船に。(^^;

男湯脱衣場 浴室の奥の方でつながっています。


とりあえずは、こちらの湯船の温度も測ります。湯船手前で、41.3℃でした。
この後、両方の脱衣場と湯船・湯口・赤茶けた排水溝などの写真を撮ってから、
最後の温泉を楽しみます。

昨夜と同じ様に、湯船の浅い部分でのごろ寝です。ふわぁ〜と、身体が浮かぶ様
な感じがなかなか気に入りました。まあ、これも人がいないからできる格好では
ありますが。(^^;

湯船が変色しています。 湯船手前でごろ寝しました。

赤茶けた排水溝 朝食


宿を出る時に、女将さんと大女将さんから色々とお話を伺いました。
近くで高速道路の工事をしているので、温泉が心配だという事。役所の人は全然
話を聞いてくれないと仰っていました。また、この辺りも、町営の安い温泉施設
が出来て、営業的に心配だという事も。

神代温泉としては、割り切って、温泉のみを大事に守っていくと仰っていました

神代温泉の湯元


この後、湯元を確認してから、女将さんに見送られ神代温泉を後にしました。
ここには、また泊まりで来たいと思います。

詳細は以下の通りです。

温泉名:神代温泉
施設名:神代温泉
所在地:氷見市神代3021
連絡先:0766−91−1210
交通  :JR氷見線氷見駅から加越能バスで飯久保下車、徒歩約30分
泉質  :含炭酸鉄強食塩泉
泉温 :52.0℃
湧出量:120リットル/分
pH :7.3
営業時間:8:00〜22:00 無休
入浴料金:500円
宿泊料金:6500円(1泊朝食付き、税込み)
     ビールはサービスしていただきました。
 

HOME13湯目【富山】高岡岩坪温泉 凧15湯目【石川】金沢温泉 金石荘