9湯目【石川】兼六温泉



本日最後の温泉は、兼六温泉です。名前の通り、兼六園の近くにあります。
兼六園下交差点から暁町方面に道を進み、暁町交差点を右折してすぐです。

兼六温泉駐車場の看板がありましたので、車を止めようとしましたが、空きス
ペースは1台でした。(^^; 駐車スペースとしては、10台程はあるのですが。

外観は、普通の温泉銭湯です。辺りは住宅街ですが、もう21時をまわってい
ますから、人通りもあまりありません。

玄関ですが、良く解りませんね。(^^;


中に入り、番台のおばさんに入浴料350円を払います。この番台式の銭湯と
いうのは、なぜかほっとします。ここの様なレトロな雰囲気の銭湯であれば、
尚更です。お客さんは2〜3人で、空いています。

浴室には、正面に2m×2mぐらいの普通の湯船が2つありました。ただ、普
通と違うのはお湯の色です。黒湯というよりは、コーヒー色をしています。

右の湯船にお湯が注がれ、左の湯船に溢れたお湯が注がれています。
もちろん、まずは右の湯船から入ります。

丁度良い、いや少し熱いか。それから、う〜ん、ツルツルするぞ。
うんうん、これは良い。良く見ると、細かな泡が身体全体を包んでいます。
重曹泉のツルツルさかなと思っていたのですが、ツルツルの正体はこの細かな
泡か〜。いや〜、ここは良いですね〜。

湯口のお湯はというと、湯船の温度より若干温めです。
良く見ると、湯船の側面からもお湯が出ています。こちらの温度は結構高めで
す。温度を測ってみましたら、湯口が39.1℃、湯船が42.1℃でした。

しばらくの間、貸し切り状態でこの温泉を楽しみました。黒湯というのは、東
京の温泉銭湯にもありますが、未入湯です。遥か北海道は白老で入ったコーヒ
ー色の温泉を思い出しながら入りました。そう言えば、あそこは熱かった。

この後、下の湯船に移動しました。こちらも、温度的には同じぐらいです。
ただ、湯船が浅いです。人があまりいない事を良い事に、寝そべる様な格好で
入らせて貰いました。こちらでも、ゆっくりしました。

さて、次は露天風呂に移動です。岩風呂風の露天風呂で、10人程が入れる大
きさです。湯船には、2本の竹筒でお湯が落ちています。片方が源泉で、もう
片方が加熱湯の様です。お湯が落ちる音で、あまり情緒はありません。
この反対側は女湯の露天風呂なのでしょうか、おばさん達の話し声も聞こえま
す。

程よい形の岩を枕にして、しばらくゆっくり入ります。
こちらは、内湯程のツルツルさはありません。お湯も溢れていない所を見ると
、半循環なのでしょう。

仕上げは、もう一度、お湯が注がれている内湯です。
目を閉じて、のんびりと浸かります。
しかし、今日は忙しい一日でした。温泉三昧というよりは、温泉修行に近いも
のがありました。そんな事も思いながら、今日最後の温泉を楽しみました。

入浴後は、牛乳を飲みながら一休みです。この温泉を掘削した頃の写真や温泉
分析表などを見ながら、このコーヒー色の正体を色々と考えます。

番台のおじさんは気持ち良さそうに眠っています。ふと時計を見ると、22時
を過ぎています。起こさない様にそっと扉を開け、外に出ました。

この後は、内灘総合公園で車中泊しました。缶ビール1本で、ぐっすり眠れま
した。

詳細は以下の通りです。

温泉名:兼六温泉
施設名:兼六温泉
所在地:金沢市暁町18−36
連絡先:076−221−2587
交通  :JR北陸本線金沢駅よりバスで暁町下車すぐ
泉質  :ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 :39℃
湧出量:189リットル/分
pH :8.0
営業時間:14:00〜23:00 毎週金曜日休み
入浴料金:350円
 

HOME8湯目【石川】松任市民温泉10湯目【富山】法林寺温泉