7湯目【石川】だるま温泉



だるま温泉へは、国道8号線小松バイパスを粟津ICで降り、粟津駅方面に向
かいます。すぐに、津波倉交差点になりますので、ここを左折し、すぐにある
橋を渡れば左手にあります。津波倉交差点付近に、案内板が置かれています。

空地の様な所に、掘っ立て小屋の鄙びた建物が建っています。鄙びているとい
うよりは、ぼろいという方が合っているかもしれません。

正面には、赤いペンキで「だるま温泉」と書かれた看板が掛けられています。
本来なら、尻込みするのが常人だと思いますが、わくわくするのですから、私
も相当温泉に侵されています。(^^;

中に入ると、雑然としています。破れかけのソファーや年季の入ったテーブル
がある所をみると、休憩室かも知れません。右手が住居だと思いますが、声を
掛けても誰も出てきません。

仕方がないので、ここで待たせてもらいました。奥に掛けてあった温泉分析表
を眺めていると、ここのおやじさん(温泉主)が帰ってきました。

「入浴させてほしいのですが」と頼みますと、「どうぞ」という事で入らせて
貰いました。入浴料金350円を払います。

お風呂場は、左手にあり、奥から女性用・男性用と並んでいます。
脱衣だなを設けただけの簡素な脱衣場には、2人分の服があります。

鄙びというよりぼろい? 大きめのポリ浴槽


先客は2人でした。どちらも地元のおじいちゃんでした。
湯船は大きめのポリ浴槽(2m×1.5m)が一つあるのみです。

掛かり湯をして、早速入らせて貰いました。
うんうん、なかなか良い温泉です。ホースからお湯が注がれ、湯船からはお湯
が溢れています。入った時はそうでもなかったのですが、肌をさするとツルツ
ルします。お湯に馴染んでくると、このツルツル感が増しました。

先客のおじいちゃんは、私が神戸から来た事を聞くと、少し驚かれていました
が、ここは本当の温泉だからと自慢されていました。最近は、薄めている温泉
が多くなったとも。

この後は、おじいちゃん達との会話を楽しみました。
しばらくして、お二人が上がられましたので、この後は貸し切りでこの温泉を
堪能しました。

ここの温泉について書きますと、お湯は少し熱めで、ツルツルします。
関西で言えば、犬鳴山温泉(大阪)ぐらいのツルツル度です。湯船には、3ヵ
所の洗い場のカランの温泉がホースで注がれています。

飲んでみた所、ほぼ無味無臭(ほんの少し硫化水素臭)で飲みやすい温泉でし
た。30分程貸し切り湯を楽しみ上がりました。

先程のおじいちゃん達は、缶ビールを美味そうに飲んでいます。
良いなあと思いながら、挨拶をして出ました。

車に乗り込もうとした所、おやじさんが見送りに来てくれました。
私の車のナンバーを見て、福井から来たのかと言われたので、神戸からで福井
でレンタカーを借りた事を話しましたが、解ったのかどうか、?です。

当日、ヴィッセル神戸のサポータシャツを着ていたので、
ロゴの部分の「KOBE]を指差し、ここですよと言いますと、
「それは、おまえさんの会社のマークかえ」
なんて言われました。まあ、ヴィッセル神戸なんて、ここでは若い人でも知ら
ないか。

「また来ます!」と挨拶をして、究極の鄙び温泉を後にしました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:だるま温泉(1号源泉)
施設名:だるま温泉
所在地:小松市林町ハ73−1
連絡先:0761−44−3712
交通  :JR粟津駅から約3km
泉質  :ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
泉温 :36.8℃
湧出量:205リットル/分
営業時間:13:00〜19:00 無休
入浴料金:350円
 

HOME6湯目【石川】めおと岩温泉 ラクヨウ8湯目【石川】松任市民温泉