4湯目【石川】山中温泉 菊の湯



織田鉱泉を9時すぎに発ち、次に向かったのは「山中温泉 菊の湯」です。
昨日寄る予定であった「越前水仙の里温泉」は、10時30分からですので、
仕方ありません。今回もパスです。

山中温泉は、僧行基の発見という開湯1300年の歴史のある温泉です。
また、この地を訪れた芭蕉は、「山中や菊は手折らじ湯の匂い」と詠んでい
ます。「山中の湯に浴せば、中国の菊茲童が集めた不老長寿の菊の露を飲む
までもない」長寿を得るという意。(山中温泉観光協会HPより引用)

私が今回訪れたのは、山中温泉の共同浴場「菊の湯」です。
国道364号線から温泉街方面に入り、しばらく進むと左手に立派な木造の
建物が見えてきます。ここが「菊の湯」です。

とりあえず、手前にある福祉センター地下有料駐車場に車を止めます。
温泉に入る前に、温泉街をぶらぶらする事にします。

まず、今来たメインストリートを戻り、こおろぎ橋を観に行きます。
紅葉の頃は良い景色の様ですが、今の時期はそれ程でもないですね。(^^;
それでも、日本調の音楽が流れ、良い雰囲気です。

ここからは、大聖寺川沿いの遊歩道で戻ります。この辺りの渓谷は鶴仙渓と
呼ばれ、なかなかの景色です。1km程の散策でしたが、川沿いで狸を見か
けたり、突然1m以上する蛇が現れたりと、印象深い散策となりました。

こおろぎ橋 あやとり橋


最後に、あやとり橋を渡り温泉街に戻ります。このあやとり橋ところろぎ橋
付近には、10台程の車が止められる観光者用の無料駐車場がありました。
観光もされるのでしたら、こちらに車を止めた方がお金がかからず良いかも
知れません、ちなみに地下有料駐車場は、30分100円でした。

あやとり橋から菊の湯までは、歩いてすぐですが、この辺りはお囃子の音な
ども聞こえ、山中温泉がこの手の温泉である事がうかがえます。

さて、菊の湯ですが、最近建てられたのでしょう、天平風の優雅な建物です。
脱衣場も立派です。木を基調にした造りで、天井から提げられた換気扇や照
明、そして大きな古時計がおしゃれです。また、50程ある脱衣箱の扉には
、地元の子供達が作った九谷焼の作品が貼られていました。

菊の湯の玄関 玄関前の飲泉所


浴室はと言いますと、中央にでんと大きな湯船が取られています。湯船の中
央にある柱からは四方にお湯が噴出しています。湯船の両脇は洗い場になっ
ており、正面の壁には昔の総湯の絵が書かれています。

平日のお昼前、お客さんは10人程です。
掛かり湯をして、大きな湯船に入ります。段差がありますが、結構深めです。
1mぐらいあるでしょうか。お湯は、無色透明で、少し熱めでした。お湯が
噴出しているのと同じぐらいオーバーフローしています。半循環か掛け流し
かと思いますが、少し塩素臭もありました。

段差の所で半身浴と全身浴を繰り返します。それでも、湯疲れしてきたので、
湯船で壁の絵を見ながら少し休みます。医王寺所蔵の橋本なんとかが書かれ
た昔の総湯ですが、この菊の湯は昔の総湯をイメージして造ったのではと思
えてきました。この菊の湯も20〜30年経てば、結構良い味をだすのでは
ないでしょうか。その頃、もう一度訪れたいものです。

建物の玄関先には飲泉場があります。飲んでみたところ、ほぼ無味無臭(少
し硫化水素臭があります)の飲みやすい温泉でした。

この後、食事を摂りながら今後の計画を練り直します。当初は、小松市の「
今江温泉」に行く予定でしたが、2時間30分の遅れです。諦めて、白山方
面に向かう事にします。

詳細は以下の通りです。

温泉名:山中温泉
施設名:山中温泉 菊の湯
所在地:石川県江沼郡山中町出湯レ11
連絡先:07617−8−1370
交通  :JR加賀温泉駅から山中温泉行きバス「山中温泉バスターミナル」
    下車徒歩5分
泉質  :カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉
泉温 :48.3℃
湧出量:773リットル/分
pH :8.20
営業時間:07:00〜22:30 無休
入浴料金:350円
 

HOME3湯目【福井】織田鉱泉5湯目【石川】白山杉の子温泉