3湯目【福井】織田鉱泉



越前厨温泉でヌルヌルの温泉を楽しんだ後、次に予定していたのは「越前水仙
の里温泉」でした。ここは、2年前に訪れた際、定休日で入れなかった温泉で
す。今回、どうしても入りたい温泉の一つです。

越前厨温泉を出たのが17時50分。越前水仙の里温泉の営業が20時までで
すから、1時間程余裕があります。そこで、前から気になっていた織田鉱泉を
見学しようと思います。

ここの温泉はあまり情報がなく、その限られた情報の中で分かった事は、事前
に連絡が必要という事でした。とりあえず、織田鉱泉に電話してみます。

宿の女将さんが出られて、あいにく今からでは無理ですとのお話です。
浴槽にお湯を入れていないので、2時間前には連絡して下さいとの事でした。
一人でも良いのですかと聞いた所、構いませんとのお返事。その丁寧なお話に
恐縮してしまいました。

諦めて一度電話を切ったのですが、時間もある事ですし、織田鉱泉の場所の確
認と少しお話を聞く為に、織田鉱泉に向かいました。

越前厨温泉からは15km程で、場所もすぐに分かりました。国道365号線
沿いに「法楽寺」の青い看板がありますので、そこを曲がればすぐです。

ここの温泉はお寺と聞いていたのですが、建物は民家の様です。別棟に日帰り
用と思われる建物がありました。玄関まで行くと、温泉犬が出迎えてくれます
。犬の鳴き声で宿の女将さんも出て来られました。

青い看板(逆方面から撮影) 織田鉱泉玄関


温泉についてのお話や女将さんの考え方などを聞いている内に、どうしても入
りたい気持ちになってきました。今日が駄目なら明日と思ったのですが、朝は
11時からという事です。そうなると、予定していた温泉が3つ入れなくなり
ます。

悩んでいる私を見て、もう少しなら早くできますが、と言ってくれます。
この言葉で、予定を変えてでも入りたいという気持ちに傾きました。もう、こ
うなれば、この辺りで車中泊しようかと思いました。いや、ここで泊まれれば
と思い、宿泊させて貰えないか頼みました。

以前までは、ここでも宿泊を受け付けていた様ですが、今は小さい子供がいる
ので手間もかかるし、やっていないとの事。また、お寺という事で、興味本位
で泊まりに来る人もいた様です。

しばらく考えておられましたが、私の熱意が通じたのでしょうか、何とか了解
して貰えました。

ただし、食事の準備は出来ていないので、何か買ってきて下さいとの事と小さ
い子供がいるので、騒がしいですよ、という事で話がまとまりました。素泊ま
り料金を確認すると2500円という事でした。2500円なら、今夜泊まろ
うと思っていたクアハウスより安いぐらいです。

日帰り入浴用の建物 お食事処


近くのコンビニで夕食とビールを購入し戻りますと、なんと今夜お風呂を準備
しますとの事。先程の話では、町内会かなにかで出かけると言っていたのです
が、何とか段取りしてもらった様です。本当に感謝です。

部屋は2階の大広間の一部を使わせて貰いました。BSが見られる大きなテレ
ビがあり、高そうな掛け軸もあり、立派な和室です。コンビニで買った夕食を
食べようとしていると、少しですがとイナリ寿司を持ってきてくれました。

缶ビールを買ってきたのですが、生ビールは準備できた様でした。(^^;
しばらくテレビを見たり、明日の計画をたてたりしていると、準備できました
よという声が。いよいよ温泉に入れます。

脱衣場は普通です。一部を除いては。
早速、浴室に入ります。おお〜、なんという光景でしょうか。
正に極楽浄土。蓮をかたちどった浴槽に、黄金色のお湯が満たされ、もわもわ
と立ち昇る湯気の向こうには、松の壁絵と銅像が・・・。

蓮をかたちどった浴槽 脱衣場


黄金色と思われたお湯は、実際には茶褐色の鉄泉でした。直径2mほどの蓮の
湯船に浸かりますと、なんとなく線香のような香りが・・・。これは錯覚でし
ょう。(^^;
丁度良いお湯加減で、すごく落ち着けます。この鉄泉は、ここに合っている様
に思います。

私一人の為に、1時間以上もかけて準備してくれた温泉です。じっくり、そし
て感謝しながら入らせて貰いました。段差のある湯船で、肩まで浸かったり、
半身浴しながら壁に書かれている言葉を見ます。
弘法大師のお言葉で、幸福について書かれていました。
無宗教の私ですが、こういう環境では素直になれますね。

この後、洗い場(源泉のカランとお湯のシャワーがあります)で身体を洗い、
源泉を飲んでみます。微塩味+微鉄味といった感じです。湯船のお湯程ではあ
りませんが、薄褐色でした。
入浴後は、脱衣場や浴室をモバイルカメラで写真を撮ります。そうそう、脱衣
場の壁にも何か絵が書かれていました。

1時間程の入浴でしたが、寝るまでの2時間あまり汗が引きませんでした。
それにしても、今日は全く予定通りいきませんでした。まあ、この様なハプニ
ングは良いものですが。明日も楽しみです。

翌朝、午前の温泉は遠慮する旨伝え、早めに出ようと思っていたのですが、
朝食の準備ができるので食べて行きませんかという事で、結局いただく事に。

ご飯、味噌汁、漬物、サラダ、ベーコンの炒めた物、とろろ、ヨーグルトなど
で味・量とも朝食としては丁度良いものでした。

朝食を戴きました。 綺麗なお部屋


この後、出発する前に温泉分析表の確認をし、女将さんから色々とこの温泉に
まつわるお話を聞きました。

温泉分析表の内容は文末の詳細に書くとして、ここの温泉の話を少し書きたい
と思います。

ここの温泉は、まだ歴史が浅く、発見されたのはご主人の母親だと言う事です。
母親は若い頃から霊感が強く、今から40年程前のある日、白い蛇に導かれて
ここから100m程の山の中で穴を見つけたそうです。掘って見ると、茶褐色
のお湯が湧き出たという事です。

その後、このお湯で病気が治る事がわかり、お湯を乾燥させ鉄分を含んだ粉と
して売る事を考えるが、弘法大師が夢枕に表れ、商売にしてはならないと諭さ
れたそうです。それ以来、困った人がいれば、ボイラー代だけは頂いて、入っ
て貰っているというお話でした。(話の詳細な部分は違っているかも知れませ
んが、話の大筋はこの様は感じでした)アトピーや痔疾にも良い様です。

また、蓮の形の湯船ですが、コンクリートの湯船で40年前に造られたものと
いう事です。シンプルな普通の浴槽にしても良いのですが、来る人はお年寄り
が多いですし、若い人も気に入ってくれている人もいますからという話でした


結局、出発前にも1時間程話しこんでしまい、またもや予定していた1湯が飛
んでいってしまいました。丁寧にお礼を言って、8時30分頃に宿を出ました。

この後、源泉を引いていると思われる場所に行ってみますと、細い管からお湯
が少し溝に流れ出ていました。その溝は、茶色く変色していましたので、湧出
場所は、ここで間違いないと思われます。

茶色く変色していた溝


詳細は以下の通りです。

温泉名:福福人家
施設名:法楽寺福々人家ラジウム鉱泉
所在地:福井県丹生郡織田町織田82−35
連絡先:0778−36−0171
交通  :JR北陸本線武生駅から織田までバス35分
泉質  :単純炭酸鉄泉(緊張性低張冷鉱泉)
   (S34.7.7福井県衛生研究所認定)
泉温 :不明
湧出量:不明
成分 :炭酸ガス151.58mg, カルシウム16.08mg, マグネシウム3.91mg,
    鉄33.45mg, 成分総計400.06mg(泉水1kg中に含まれる成分)
pH :6.50
営業時間:11:00〜19:00(2時間前に予約要)
     不定休
入浴料金:500円
素泊り :2500円(基本的には、現在は行なっていない)
朝食  :800円
 

HOME2湯目【福井】越前温泉露天風呂 漁火4湯目【石川】山中温泉 菊の湯